コピの部屋

自分なりの解釈で想ひを語っています。少しの好き嫌いと空想癖があります。

『従業員Tの献身』を期待しても無駄だとつくづく感じる日々

f:id:copinoheya:20190817092202j:plain

僕の会社に、全く使えない人間がいます。
上から目線で「使えない」と言っている訳じゃなく、上司・部下・先輩・後輩・従業員などの各シチュエーションで、全方向的に使えないのです。
よく今まで生きて来られたな~と感心します。
自慢になりませんが、僕は転職家なので、色んな使えない人を見てきましたが、ここまで酷いのは初めてです。
良いところが一つもありません。
どんな人間でも、一つくらい良いところはありますよね。普通。
嫌いな人間でも、良いところ一つくらい見えてしまうものです。
良いところ、全くありません!
これが、20そこそこの若人であれば、これから伸びるだろうから、ある程度大事に育てますよ。
そいつ その人は中途採用の中年男性ですよ。
会社サイドとしては、今までの職場経験で得たものを発揮してもらいたいのに・・・。

 

今日は、その使えない人(Tとしましょう)、Tの不満をぶちまけるだけなので、お嫌いな方は、す~~っと下に行ってもらって、スターだけ付けてお帰りください。

 

見出しを付けて、目次を設置しようとしましたが、Tのためにそこまでやりたくないので控えます。

仕事の出来事は、後にするとして・・・
Tの特徴をお伝えします。

 

まず、Tの話は全く面白くありません。
入社してすぐは、こちらが気を使って話しかけます。
別に、話のオチがどうのという、高レベルを求めている訳ではありません。
それより、随分初歩のはなしです。
とにかく、一往復で会話が終わってしまいます。
普通は、少しでも話を膨らまそうと努力しませんか?
それはもう、会話のドッヂボールです。
でも、最初だから、緊張していると思いました。
人見知りで、会話が苦手かも?と思ったので聞いてもみました。
「私は人見知りではありません。初めての人でも大丈夫です。以前の仕事でクレーム処理をしてました。」人との会話について、問題が無いと返ってきました。
あれから、1年と3か月。初日の会話の感じと何ら変わりません。

 

Tは、自分から話すことが殆どありません。
どう見ても内気なオッサンです。
仕方が無いので、話を振ります。
男なので、ギャンブルの話を少ししてみます。
「パチンコやったことある?」
「あります!」
「何回くらい?」
「3回です」
すみません。僕の感覚がおかしいのでしょうか?
僕の中で、3回程度だと、やった内に入らないのですが・・・。
スキーとか海外旅行なら別ですよ。
その辺りにある、いつでも行けるパチンコ屋に3回。
それを自信満々に「やったことある」と言います。

一応、競馬も聞きました。
ある!と答えました。
一応、回数を聞きました。
1回と答えました。

一応、麻雀も聞いてみました。
ある!と答えました。
一応、回数を聞きました。
回数については、有耶無耶でしたが「高齢者との健康麻雀、楽しかったので是非」と言われました。
こちらが求めているもの、それはどうでも良いのでしょうね。
僕は、少し前に、四暗刻あがりました。有難う御座います。ご馳走様でした。
※「ご馳走様」に賭けて奢ってもらった的な意味はありません

 

やったことある?の後には、そのお題の先がある訳で、先に進むための返答が必要だと思います。
経験が無いなら無いでいいんですよ。
中途半端な経験を持ちだされると「これ以上、話したくないのか?」と思います。

1年と3か月が経ちましたが、プライベートの話をしたのはこんなもんです。
声は小さいし、お通夜のような表情で、人の話がほぼ理解出来ないTですが、人見知りではないそう(本人談)です。

 

仕事のことで、稀に話しかけてきますが、期限が迫って自分ではどうすることも出来ない時だけです。
事前に対処を相談したり、進めているマズい案件を報告には来ません。
自分が困った時だけ、話かけてきます。

 

仕方が無いので、Tの仕事の確認をしますが、見た仕事の数だけミスがあります。
またかよ!と思いつつ、僕は、一応理由は聞きます。
ちゃんと事情説明のチャンスを与えます。
一番多いのは、無意味な保留を指摘されるケースです。

「この仕事は終わったの?」と僕。
「まだです」
「期限過ぎてるよ」
「すみません」
「何でやっていないの?」
「忘れました」

全国のみなさん!忘れたって言い訳になりますか?
その後、少し詰めてみます。

「何で忘れたの?」
「すみません。すみません」
「いつも謝るけど悪いと思ってるの?」
「すみません」
「だから、忘れた理由はなに?」
「・・・」
「忘れた理由は無いの?」
「・・・」
「急な仕事が入ったとかなの?」
「違います」
「じゃあ何、やる気がないの?」
「そんなことありません」
「やる気があれば、忘れないでしょ」
「そうですね」
「忘れない為に何かしないの?」
「・・・」
「メモを残すとか、スケジュール帳に書くとか」
「メモすれば良かったです。今度からメモを残すようにします」

全国のみなさん!お聞きになりました?
この人、勝手に話を終わらそうとしてますよ~。
仕事を忘れない努力もせずに、その対応策も自分で考えず、人の最低限の提案をパクってきました。
でも、1回目だし、大目に見ました。

 

<5回目>
「また忘れてるけど、なんで?」
「すみません」
「メモは書いたの?」
「忘れました」
「仕事舐めてるよね」
「そんなことないです」
「何で忘れるの?」
「メモを書かなかったからです」
「これから、どうするの?」
「・・・」
「どうしたら忘れないの?」
「・・・」
「何か喋ったら?」
「すみません」

全国のみなさん!僕は謝って欲しい訳じゃないんです。
それが出来なかろうが何だろうが、「○○します!」という意思を確認したいのです。
それも無いのだから、やる気そのものが無いのでしょう。
若しくは、ライバル企業が放った、優秀なスパイです。

 

Tの目標は「会社のみなさんに迷惑を掛けないこと」らしいです。
具体的には何をするか?を聞いたところ、分からないそうです。
結果的には、1週間前と何も変わらないTがそこにいます。
自分で立てた目標を忘れた状態でそこにいます。
人間の記憶って何ですかね?
会社の場所の記憶は無くならないんですね。
不思議です。

 

すみません。
この話、面白いですか?

 

みなさんは、会社にTのような人物がいても、温かく見守りましょうね。 

www.copinoheya.com

 こうなりますからね。

 

お読み頂きありがとうございました。
これから、ドラゴンボールを探す旅に出たいと思います。
筋斗雲~~~~! 

ドラゴンボールZ CREATOR×CREATOR SHENRON 神龍 シェンロン

ドラゴンボールZ CREATOR×CREATOR SHENRON 神龍 シェンロン