コピの部屋

好きなもの・人に対しての想ひを語ってみます。お子様ランチ記事を目指します!

『不愛想』

 

『不愛想』 作:コピ

 

f:id:copinoheya:20201010084038j:plain

 

心の声が聞こえた。
「面白い。すごく面白い」
確かに聞こえたよ。

 

 

通う高校のクラスメイトに、影の薄い女子がいた。
病を患っているような青白い肌、細い体が、なんだか怖かった。
顔も表情が無いというか、不愛想というか・・・。
幼かった彼女がご両親を亡くしていたことは、あとになって知った。
根っからのお調子者で、学校でも馬鹿なことをしては皆を笑わせていた僕。
不愛想な彼女との接点は無いと思っていた。

 

 

「面白い」
いつもみたいに馬鹿をやっていると、誰かが囁いた。
見渡すけど、皆の笑い声しか存在していないように思える。
「面白い。すごく面白い」
人垣の向こうのほう。
不愛想な彼女のものだ。
僕の耳に、彼女の心の声が届いた。
とっても小さな声。
勘違い、じゃないと思う。

 

 

彼女を意識し始めた。
無表情で怖いと思っていた彼女の顔が、実はすごく整っていたことに気が付いた。
笑顔は、きっと可愛いはず。
彼女の笑顔が見たくって、僕の馬鹿っぷりに拍車がかかった。
相変わらず、彼女は不愛想。
でも、誰にも聞こえない笑い声を僕だけは聞くことができる。

 

 

友達は、僕と彼女が付き合うことを知って驚いていた。
僕は女性に対して、積極的に行動するタイプではない。
モテるタイプでもない。
しかも相手は、会話する姿を殆ど見ない無口で不愛想な女性だ。
友達は、アガサ・クリスティを読んでいる時のような顔で僕に聞いてくる。
「どうした?」
この「どうした?」には、不可思議以外、馬鹿にする意味合いが含まれていた。
「彼女の良さは誰にもわからんよ」
思い浮かんだ大人の対応で頑張ってみたが、実際のところは僕にも分からない。
彼女の魅力はなんだろう?
名探偵エルキュール・ポアロだって、分からないんじゃないのかな?

 

 

何度目のデートだろうか?
彼女に表情があるのを知った。
元々あったのか、心の声の影響でそう見えるのかは不明。
でも、ずっと笑顔でいて欲しいと思う。
幼い頃ご両親を亡くし、笑顔を失ってしまった彼女。
誰が見ても「笑っている」と認識される顔になるまで、僕は馬鹿なことを続ける。
これは宿命か?
いや。
単に、彼女が好きなんだ。

 

 

ある日、彼女を家まで送った時のこと。
彼女の祖父が、中から出てきた。
「孫娘をたぶらかすのはお前か!」
そう言われることを覚悟した。
「あの子が最近明るくなった。ありがとう」
意外な言葉だった。
「いえ。こちらこそありがとうございます」
自分でも何がありがとうなのか、さっぱり分からない。
帰り道で何に泣いているのかも、さっぱり分からない。
うれし涙、かも知れない。

 

 

二人の関係は、とても穏やかだった。
今日も彼女の機嫌は良い。
他人には、まぁ分からないと思うけど・・・。
僕のおバカは止められない。
目の前には、不愛想な彼女。
僕を求めてくれて、それに応えることで、僕は僕らしくいられる。
二人を包む、見えない何かが、とっても暖かい。
彼女もそう思ってくれているといい。

 

 

 

別れは突然訪れた。
まだ、18なのに。
彼女の祖父が呟く。
「微笑んでいるような安らかな顔だな」
確かにそうだ。
確かにそうなんだけど。

 

「最後の最期に笑うって・・・どういうつもり」
彼女の笑顔を見ながら、僕は泣いた。

 

 

この物語はフィクションです。
実在の人物や団体などとは関係ありません。