コピの部屋

好きなもの・人に対しての想ひを語ってみます。お子様ランチ記事を目指します!

ブログの毎日投稿を『300日』続けた今の気持ちを伝えたい!

本日は、記念の記事になりますが、そこまで熱い気持ちがある訳じゃないです。
そのようなタイトルの方がいいかなぁ~、と思っただけです。
すみません。

f:id:copinoheya:20200212214300j:plain

一粒300mのグリコ好きな男、コピでございます。
お読み頂き、有難うございます。

f:id:copinoheya:20200212214348j:plain

 

 

300日

 

振り返ると、我ながら凄いと思います。

「閲覧数は、大したことないかもしれませんけれども・・・、振り返ってみたら、なんでもっと頑張れなかったのかという記事はなかったし、ネタが滑ることは気にしてないし・・・、初めて自分で自分をほめたいと思います」

と、有森裕子さん的な言葉を残しておきましょう。

 

そして、今現在のブログに対する想い・考えなどを述べさせて頂きます。

 

 

なぜ、毎日投稿するの?

これはですね~。止められなくなったからです。

 

元々、綾瀬はるかさんへの想いを語る為にブログを始めました。
早々に語ることが尽きました。
折角始めたブログですから、人に読んでもらえるようなモノにしたいと思ったんです。
でも、あんまり文章を作るのは得意ではないんです。
小学生の頃、自由気ままに書ける“作文”は好きだったんですけど・・・。

 

ブログって、ほら。
取扱説明書みたいに、ガシッとしてるじゃないですか。
いかにも「為になるよ~」って感じで。
(今までそのようなブログしか読んだことが無かった)
これはマズい!と思いました。
でも、一朝一夕に文章が書ける訳もありません。
何とかしたくて、色々調べました。
先輩ブロガーのアドバイスを目にしました。
とりあえず、記事を100個作成しなさい!
これです。
意味は全く分かりませんが、やってみようと思いました。

 

僕は、根が真面目なので、毎日コツコツ作成し投稿しました。
途中でふと気がつきました。
100個作れ!と言ってるだけで、100日毎日作れ!ではないことに。
既に、始めて20日を超えていたので、そのまま続けました。
そして、今日に至ります。
続ける、とか、続けたい、じゃなくて、止められないという気持ちが強いです。

 

300日続けるのってどう?

それはそれは、大変ですよ。
ブログのテーマで、自身の首を絞めてる感じがします。
当ブログは『お子様ランチ的な、バラエティに富む記事の提供』をテーマにしています。
つまり、色んなアプローチで記事を書くよ!という事です。
一見、自由に書けそうですが、毎日となると厳しいです。
お母さんが考える 毎日の献立 のようなモノです。
「晩御飯は何でもいいよ」と言われると、何にしていいか迷いますね。
豚肉料理!と言ってもらった方が、作りやすいです。

 

日々、書くネタのことを考え、針の穴サイズの事柄を広げて広げて、記事にしている感じです。
それを繰り返して、積み重なった300日です。
振り返っての300日で、1日1日は何ら変わりません。

 

そういえば、僕がブログを始めて2か月、だったか、3か月の時に、「1年間毎日投稿しました!」というブログを目にしました。
365日毎日ですよ。「ありえね~」と思いました。
そんなに書くことあります?
言葉が悪いですが「暇なの?」って思います。

でも僕も、「あなた暇なの?」と思われる側の人間になりつつあると思います。
いいのか?悪いのか?

 

記事を100個書いたら何が変わるの?

多分ですけど、人によって違うと思います。
何にも変わらないよ、という人もいると思います。

 

僕の場合ですが、表現方法の幅が広がったと実感しています。
ブログは、人に読んでもらってなんぼ(僕の考えです)なので、読み手に伝わるかどうかを重視します。
貴重な時間を使って読んでもらっているのだから、1回読めば理解できる記事が理想です。
まだまだこれからですが、ブログを始める前よりは、だいぶマシな文が書けるようになったと思います。

 

あとは、ネタを拾う技術が上がりました。
日常に転がっているネタは意外とあるものですが、結構見落としがちですね。
それをキチンと拾って記事に出来るようになりました。
100個も記事を作るとなれば、日常に目を凝らさないとなりません。
そう考えると、何かしら輝くネタが落ちてるであろう人生に「平凡な一日」などは無いのかも知れません。
ブログが気付かせてくれました。
100個作ったから?なのかは、分かりません。

 

継続300日の中でのおすすめ記事は?

先程の表現方法にも繋がるんですが、文章を書く上でやりたいことがありました。
それが、行間を作ることなんです。
伝えるのにどうしても、色々説明を加えてしまいボリューミーになってしまいます。
文字を極力削ぎ落し、行間で感じてもらう記事を作りたいと思いました。
僕の中の最高傑作がこちらです。

www.copinoheya.com

投稿前に大々的に宣伝をするでも、投稿後でこれいいでしょ?という訳でもなく、サラッと流した記事です。※結局、我慢できずに今発表してます
すごく短いので、ご覧頂きたいのです。

 

どこがそんなに気に入っているか?を聞いてください!

①文字数がとても少ない
僕の記事の中で、ご挨拶系の記事以外では、一番文字数が少ないと思います。
男女の会話と商品説明のみです。
正確には、言葉代わりの画像を入れていますが、少ない文字数にはこだわりました。
②関係性などを明示していない
記事の中に、高校生の男女が登場します。
二人の関係性・距離感などの説明はしていません。
会話で察してもらう、読む方に委ねる形になっています。
③CMの台本風にするアイデア
話の全体をまとめるには、どうしても説明が要ります。
そうしないと、何だこの記事は?で終わってしまいます。
そこで、これはCMですよ!と設定を明確にすれば良いと思いました。
イメージしてもらうのって、大事ですからね。
薬のCMでよくある、ピンポーン!も利用しました。
④そんな商品は存在しないという小ネタ
リップクリームのCMのような記事ですが、その名の商品は実在しません。
よく見ると、「ロード」製薬になってますし、「メンソーレ」になってます。
細かいですが、こだわりました。
神経質風の僕、普段は割と大雑把です。
⑤実は昔話なのです
当ブログのカテゴリーに「こっそり昔話」というものがあります。
たくさん記事を用意するには、自身の昔も削って作らないといけないのです。
元々は、そちらの記事として作成しておりました。
『高校時代、唇にボツボツが出来たんです。怖かったです。変なものを食べた訳じゃ無いし、リップクリームなどは生まれてこの方塗ったこともありません。調べていくと彼女の唇のリップクリームが原因でした。』
そんな青春の1ページを書こうと思いましたが、何か反感を買いそうなので止めました。
別のアプローチを考えて、この形になりました。
ただ、ブロガー読者さんの中には、感の良い方もいて、バレちゃいましたけどね。

 

ブログで毎日、文章と向き合ってなければ、このようなモノは作れなかったでしょう。
いえ。自分が勝手に自身の成長を感じているだけで、大した記事では無いですよ。
替え歌の方が、インパクトがあったかも・・・。

www.copinoheya.com

 

以上でございます

自分の弱みは、分かっているんですね。
このブログ、無いモノが多いんです。
決まった形が無いし、ブログに明確なテーマも無いし、得意ジャンルも無い。
もぉ~、それを逆手に取るしかないでしょう。
決まっていないことを最大限に生かして、今後も『お子様ランチ』みたいなブログを目指して頑張りますよ。

 

ブログ界隈は、高速道路に似ていると思います。
たくさんのPV数を運ぶ大型のトラックや流れるような記事内容の流線型スポーツカーが走ります。
追い越し車線を、ビュンビュン通っていきます。
サービスエリアで休んでいた車。動き出したら凄いスピードで横をすり抜けます。
それを横目で見ながら、ちょっと羨みながら、自分が出せる速度で走ります。
スポーツカーを追いかけようとした時期も、正直ありました。
でも、そもそも、車のスペックが違うんです。
僕は軽自動車。フェラーリには勝てません。無理です。
ただし、燃費はいいんです!
ずっと走れることを長所として、今後もゆっくりブログを続けていきたいと思います。

 

お読み頂き、有難うございました。

 

言い忘れました。
燃費の良い軽自動車でも、故障はしますよね。