コピの部屋

自分なりの解釈で想ひを語っています。少しの好き嫌いと空想癖があります。

『痴漢されたくなければ電車に乗らなければいい』という記事が成り立たない理由

f:id:copinoheya:20191120222131j:plain

「根は意外と真面目なんだね」とよく言われる男、コピでございます。
お読み頂き、有難うございます。
なんですか、意外とって?
真面目メガネコピですよ。
あ~。
今後ともよろしくお願いします。

 

少し前に、こんな記事を書きました。

www.copinoheya.com

読まなくて大丈夫です!
内容をお伝えします。

グラビアアイドルの記事を読んで、はてなスターを付けようと思ったら、既に自分のスターが付いていた・・・そんな感じの記事です。
文字数が少ない気がしたので、文を書き足しました。
どちらかと言えば、そちらの方の反響が大きかったんです。
セルフ引用しますと・・・

はてなブログについてです。
僕は、ブログ旅行をするので、色々な記事を目にします。
その中には、超人気のブログもあります。
あやかりたいので、読みますよね。
僕は、ちゃんと読むタイプの人間です!
読んでいると、稀に「この記事はマズいんじゃない?」と思うことがあります。
それは、炎上狙いとか、誰かを傷つける、とかの記事ではないんです。
ないんですが、マズいと直感的に思います。

その思った記事以降、そのブログは、はてなスターやはてブの数が減少していきます。
超人気のブログですから、はてな界隈を相手にすることを止めたのかも知れませんが・・・。

投稿してから思ったのですが、結構、気になる内容ですね。
しかも、少し思わせぶりです。
僕の中に明確な答えが無く、あくまで直感の話なので、お伝えすることが難しいと考え、このようなフワッとした言い回しになりました。
どなたかの記事を引っ張り出して、添削するのも違うと思いますし・・・。
この件は、そっとしておくことにしました。

 

☆★☆

 

・・・
僕は、意外と根が真面目なんです。
僕のブログを見て頂いている方の多くは、ブロガーさんです。
同時期にブログをやっている者として、一緒に盛り上がっていけたらなぁ、って思います。
だから、記事の内容が思わぬ方向へ行かない為のご提案をしたいと考えていました。

 

初心者ブロガー兼初心者読者の考察ですから、足りていない部分があると思います。
同じ立場の友達からの話、のように聞いて頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

 

☆★☆

 

ブロガーが意図していないところで、嫌悪感を抱かせてしまう記事について考えました。
ずっと、例えを考えていたんです。
やっと思いつきました。
今日のタイトルです。

 

『痴漢されたくなければ電車に乗らなければいい』

 

この記事は、どんなに懇切丁寧に書き上げたとしても、ダメ記事だと思います。
何となくご理解頂けますでしょうか?
特に、知識系ブログに、これに近い物言いのテーマがあると思います。

 

注意個所を説明していきます。
まず、タイトルです。
言っていることが極論です。極論でしかないというか・・・。
この思考の先には『死にたくなければ生きなきゃいい』があると思います。
それを言われて、どう思えば良いでしょうか?
ギャグなら分かります。
結構、本気で書かれているんですよね。
改めて申し上げますが、そういう記事を否定したいのではなく、嫌な思いをさせる記事をあえて書かれているのでしょうか?と問いたいのです。

 

痴漢の記事の構成を考えてみます。
①痴漢は憎むべき犯罪
②痴漢の被害者数
③痴漢の撃退法
④遭遇したら声を出せない
⑤電車に乗らないという選択
⑥皆さん!乗らなきゃいいよ
こんな感じでしょうか?

読み終えた時、読者はどんな気持ちになるでしょう?
「それが出来るなら苦労はしない!」そう思う人が大半でしょう。

 

言っている内容は、正論です。
その通り行動すれば、問題は解決するでしょう。
ただし、現状を理解せず(人の気持ちを考えず)に、書かれている記事です。
そのような記事は、嫌われてしまいます。

 

好き好んで、満員電車に乗る人はいないでしょう。
それでも、乗らなくてはならない理由があるはずです。
そのような一般的を理解せずに記事を書く人は、こう思われるでしょう。

 

パンがなければお菓子を食べればいいじゃない

と言ったマリー・アントワネットと同類だ、と。

 

☆★☆

 

あと、代替案は必要でしょうね。
代わりになるものを提示しない記事は、嫌われる傾向にあります。
悪いところを指摘することは、とても簡単だと思います。
「だからやめなさい」と言われても、悪いことを知りつつやっている人が大半です。
やめない人の気持ちに寄り添うことも、大切だと思います。

 

読者の顔色をうかがって記事を書いても、面白くないとは思いますが、特に知識系ブロガーさんは、気を付けた方が良いと思います。

 

☆★☆

 

色々と申し上げましたが、一つ気がつきました。
この記事自体が、指摘するばかりで、代替案の提示がない、と。
先程の痴漢の記事は、どうすれば良いでしょう。

 

あくまで、自分はこうしていますよ!という内容が望ましいと思います。
痴漢現場を目撃した→自分は内気な性格だから心配→電車通勤をやめて自転車にしてみた→雨の日はキツイ→でも色んな発見もある→皆さんも一度考えてみたら・・・
これならば、記事の雰囲気がガラッと変わり、読んでいても嫌な感じが無いと思います。
「そういう人もいるのだなぁ~」くらいで。
タイトルも変えます。
『痴漢にあいたくないからチャリ通勤にしました』
これなら、良いと思います。

 

また、不満の記事でもいいでしょうね。
アホ痴漢のせいで、電車が使えないじゃねぇか!でも。
一番良いのが、対応策を含めた記事です。
「●色の服を着ると被害が少ない」とか「何両目は被害が少ない」とか。

 

やらないあんたは駄目!的な喧嘩を売る記事にしない為の対策です。

 

☆★☆

 

本日は以上です。
今日で、ブログを始めて、7か月になります。
PV数がこうなったよ・・・みたいな記事を書くつもりでしたが、今日はあえて嫌われそうな内容にしました。
僕の7か月の記念記事となりますので、ご容赦頂ければと存じます。

 

根が真面目な僕を今後ともよろしくお願い致します。
明日は、いつものコピに戻りますからね。
お読み頂き、有難うございました。