コピの部屋

好きなもの・人に対しての想ひを語ってみます。お子様ランチ記事を目指します!

マラソン大会で一番大切なことは?

f:id:copinoheya:20200226210238j:plain

冬場がシーズンであるマラソンですが、各地で大会が中止になっているようです。
新型コロナウイルス“COVID-19”の影響ですが、感染拡大の観点から仕方が無いことなのでしょうね。

 

この時期になったら、マラソンのアドバイス記事を投稿しようと考えておりました。
大会が無い以上は、記事を延期しようとも思いました。
でも、ここはあえて、記事を出してみようではありませんか!
練習していた方のマラソン熱が冷めてしまわぬように・・・。

 

単刀直入に言います。
マラソン大会で一番大切なこと、とは・・・

 

 

 

 

 

無事に家へ帰ることです!

 

以上です。
お読み頂き、有難うございました。

 

30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法 (角川SSC新書)

30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法 (角川SSC新書)

  • 作者:小出 義雄
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2014/05/29
  • メディア: Kindle版
 

 

☆★☆

 

f:id:copinoheya:20200226210238j:plain

仕事関係でオーストリアに住む日本人女性と、たまにメールのやり取りをします。
先日のメールで、コロナウイルスについて触れました。
お隣のイタリアでも感染拡大しているようです。
気になったのが、先方が使う「コロナビールス」という文字です。
ドイツ語読みだと「ビールス」らしいです。
僕も格好つけて使おうと思いましたが、年配の方も使う言葉のようです。
止めておきます。

 

新型コロナビールスによって、マラソン大会が中止に追い込まれています。
練習していた人はショックだと思います。
ショックな気持ちを多少和らげたいと、マラソン大会の対策をお教えいたします。
僕は、優しいです。ええ。

 

単刀直入に言います。
マラソン大会で一番大切なこと、とは・・・

 

 

 

トイレ対策です!

 

マラソン大会の走ってる最中にトイレへ行くことは、かなりのマイナスです。
出来れば避けたいですね。
トイレとは、“小”の方を指しており、“大”は何ともなりません。
“小”対策のお話です。

 

マラソンコース上に、簡易トイレが用意されてはいますが、大抵長蛇の列になります。
時間がかなり取られます。
足が止まってしまうので、体の負担も大きいし、あとのペース配分も崩れます。
それ以前に、気持ちの問題、があります。
「トイレに行きたいけど、ど、どうしよう・・・」と思いながら走ったのでは、やはりタイムが伸びません。
マラソンは汗をかくので、余程ゆっくりペースでなければ、ノートイレでフィニッシュ出来る筈です。

 

経験上そうです。が、まぁ、結果論ですね。
僕は、毎度毎度、トイレが心配なんです。

 

最初に考えたのが、膀胱大きくしよう作戦!です。
あとを気にして、何回も用を足していると、またトイレに行きたくなりませんか?
そこで、可能な限り我慢をして、走る直前に出すことにします。
膀胱が広がって、その後はいっぱい溜まるであろう、という仮説です。

 

ん?オカシイです。
すぐトイレに行きたくなります。

 

調べた結果、膀胱に刺激を与えるとトイレに行きたくなるようです。
そっとしておいた膀胱から大量排出をすれば、かなりの刺激になりますね。
尿意の引き金になってしまいます。

 

運動自体も膀胱への刺激となるようです。
走ることによって、メチャクチャ刺激を与えてしまいます。
そういえば、大会前にウォームアップしているランナーがたくさんいます。
「これから凄く疲れるのに、なんでわざわざ動くかねぇ」と、冷めた目で見ていました。
トイレ問題の観点から考えれば、理にかなった行動です。
大会前は、軽く走ったり、ジャンプしたりした方が良いですね。

 

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。
コピの部屋流のトイレ対策です。
言っておきますが、正しい知識も無いので、推奨はしません!
自己責任でお願いします。

 

人間の体には、水が入ってますね。
ただの水じゃなく、簡単に言うと塩水です。
いっぱいお水を飲むとトイレに行きたくなります。
簡単に考えると「いっぱいお水を飲んだからトイレに行きたくなった」です。
実際は、ちょっと違うと思います。
体内の水分は塩分濃度が決まっていて、その濃度を保つために余計な水を排出している。(と思ってます)
と、いうことは、塩水を摂取すれば、そんなに水が余らないことになります。

 

ここは塩水よりも、体に近い水でお馴染み、ポカリスエットでしょう。

www.youtube.com

粉末のポカリスエットが売ってますね。
通常、それを水で割ります。
いえいえ。僕は、ポカリで割り飲みます。
ポカリ粉末をポカリ液体で割るという事です。

 

体内の塩分濃度が上がり、体が「水をください」状態になります。
その状態が続く限り、体は「水を排出しよう」などと思わないでしょう。
でも、体に負担がかかると思うので、お勧めはしません!
でもでも、マラソンって、そもそも体の負担になる行為だと思いますが。

 

いかがでしたでしょう?
マラソン以外にも、この考え方が使えると思います。
トイレへ行けない状況にある方は、軽くジョギングをして、塩飴を舐めると良いのではないでしょうか。

 

☆★☆

 

f:id:copinoheya:20200226210238j:plain

新型コロナビールスによって、マラソン大会が中止に追い込まれています。
ショックな気持ちを多少和らげたいと、マラソン大会の対策をお教えいたします。

 

単刀直入に言います。
マラソン大会で一番大切なこと、とは・・・

 

 

 

 


一番大切なことは・・・

 

 

 

 

 

ちゃんと練習しておくことです!

 

 

お読み頂き、有難うございました。