コピの部屋

自分なりの解釈で想ひを語っています。少しの好き嫌いと空想癖があります。

テレビっ子はユーチューブっ子へと移行 2019年上半期に見ておすすめしたいユーチューバー7選

今週のお題「2019年上半期」

 

お読み頂きありがとうございます!
本日は、初めて『はてなブログのお題』にチャレンジしたいと思います。
では、早速。

f:id:copinoheya:20190629231547j:plain

 

みなさん!テレビは好きですか?
是非、テレビを見てくださいね!
えっ? テレビをお持ちでない?
さては、あなた、ミニマリストさんですね。

 

ここなんですよね~~~。
一昔前なら「えっ?何でテレビ見ないの?そんな生活で成り立つの?」とお説教が始まるところです。
時代ですね。逆に「今時、テレビなんて」と言われておかしくない。そんな時代。

 

そういう僕も「テレビ見てる?」と問われると、「あんまり」と答えます。
テレビっ子を自負していた頃は、何曜日何時は何の番組を放送しているかを言えました。
最近は、絶対に見なければ!と思う番組もありません。

 

「じゃあ、テレビを捨ててしまいましょう」
ちょっと待ってください。ミニマリストさん。
一応、テレビドラマは見ていますし、今はユーチューブを見る道具として使っています。
YouTubeと表記すべきなのでしょうが、英語の半角全角(YやY)が混ざってしまいそうなので、カタカナにさせてください。

f:id:copinoheya:20190629231932j:plain

ユーチューブ~

ユーチューブ~♪

ユーチューブ という動画共有サービスをご存知ですか?
じゃあ、説明しなくていいですね。
僕の使い始めは、昔の歌などを聴くためでした。
あれも懐かしい、これも懐かしいと永遠に見ていられそうです。
そんな感じの使い方でした。
そこに、口で楽器の真似をする、あの彼が登場しました。
自分で動画を作成する人がいることを初めて知りました。
ブンブン!

 

ユーチューバーという人たちが存在

それが、職業と言えるのかどうかは別にして、動画を配信している人が多く存在します。
一応、一通り見てみます。
登録者数が多いからと言って、面白い訳ではないですね。
どちらかと言うと、子供向けという感じで。
それでも「これは見てしまうな~」と、作り方が上手な人が多いです。
本人(出演者)の声は大事だと思います。何言っているのか分からない人の動画は、少しイラつきます。

 

ヒカキン・セイキン・かんあき・グースハウス・ひまわり・KAZU・サイヤマングレート・マスオ・PDSあたりは、見る人の気持ちが、少し分かります。
※文章の作成上、流れが良いので呼び捨てにさせて頂きます。ご了承ください。

 

名前が出てこないユーチューバーは、僕とは合わなかったとご理解ください。

 

一時期見ていたユーチューバー

テレビ番組が、芸人の惰性番組と化している昨今、ユーチューバー達は一生懸命に動画を作成します。
つまらない1時間のテレビ番組を見るくらいなら、10分程度の動画を5本見た方が、満足度が高いです。
僕が、ユーチューブを見漁り始めた時、好んでいた人たちをご紹介。
(今はあまり拝見しておりません。でもおすすめ)

 

フィッシャーズ

中学の同級生だった7人組。アスレチックでおなじみ。

今はかなりメジャーになっていて、歌も出していますね。
シルク(シルクロード)の運動神経が凄いです。
個人的には、ダーマのシュールな感じが好きですが・・・。
同級生が集まって、ワイワイやっているので、若い世代憧れのユーチューバーです。

 

おるたなチャンネル

大学のお笑いサークルで知り合った、ないとーと渋谷ジャパンの2人組。

彼らの動画で好きなのが、脱出ゲームです。
僕は推理小説が好きで「謎を解かないと脱出できない」という動画を好んで見ていました。
他にも、色々な企画ものがあります。
今は、代わりとなるユーチューバーを見つけてしまったので、疎遠になりました。

 

瀬戸弘司

動画の編集が絶品の元劇団員ユーチューバー。奥様はしずえさん。

いえ、名前の漢字は間違えておりません。
僕の中の「せとこうじ」は、彼です。
機械に強いし、ゲーム実況は凝っていて、歌って踊れる天才肌。
でも、ちょくちょく動画をお休みするんですよね。だから、疎遠になっていまったのですが・・・。
一番好きなは「サンライズ瀬戸」という寝台特急に乗る動画です。
目的地に着く20分前(だったかな?)に、シャワーを浴びに行きます。タオルを買うことが出来なかった彼は、ハンドタオルで体をすべて拭くという暴挙に出ます。
ネットの買い物動画も面白いです。

f:id:copinoheya:20190629231807p:plain 

それでは、僕が2019年上半期に見てハマった

おすすめユーチューバー7選

①プリッとChannel

Sasuke、あごキングを筆頭とした9人組。企画ものが得意。

今一押し、一番勢いがあると言ってもいいでしょう。
サスケの見た目で、最初は戸惑うかも知れません。
そんな時は、ミッツマングローブだと思って見ましょう。慣れますよ。
サスケとあごキングは、ざしきわらし というお笑いコンビだったようです。
言わば、面白いもののプロですね。
24時間の企画が好評です。
24時間プール、24時間エレベーター、24時間無人島・・・色んな24時間があります。
そして、彼らの良さは「ガチでやる」ところに、あると思います。
別に、裏側なんて誰も見ていないから、手を抜けばいいのに。そんな声を吹き飛ばし、頑なに決めたことを守ります。
今のつまらないテレビ番組の逆を行きます。応援したいです。
大食いや鬼ごっこ、まぁテレビ番組のパクリもあったり。
僕は、三戸先生のカラオケと人の騙し方に注目しています。

 

②谷やん/谷崎鷹人

大食いタレントの調理動画。大きさと丁寧さが半端ない。

大食い系のユーチューバーは、多数存在します。
登録者ベスト10に入る女性ユーチューバーはいますが、ただ食っているだけで、何にも面白さを感じません。
谷やんは、調理をします。
ロシアンさんも調理していますが、腕が違います。
おおきないくら丼を作る!と言って、いくらから作ります。自家製いくらです。
基本的に、市販のものでなく、自分で作ります。
料理の勉強にもなるし、大食いも見れます。お得?です。
トークは今一つかも知れませんが、巨大料理は圧巻です。

 

③けんたさん

楽しい自転車の動画といえば彼です。一人キャンプも必見。

ロードバイクに興味を持った時に見つけたユーチューバーです。
パンクの対処とか輪行とか、勉強になります。
乗りたい高額ロード企画や安価なロードバイクのおすすめがあります。
また、ゆるポタ(歩きで言う、散策)しつつ、ラーメンを食べて帰るような、のんびり動画もあります。
おすすめは、男のゆるキャン!
男4人でキャンプに行きますが、一人キャンプ×4という感じです。一人キャンプ好きの自転車乗りが集まります。
「男の」なので、変なノリにご注意ください。

 

④さとちんTV

玩具レビューやUFOキャッチャーがメイン動画。別にゲーム実況チャンネルあり。

ゆるゆる男性ユーチューバーです。
子ども向けというか、この人はず~っと子どもなのでしょうね。
楽しみなのが、駄菓子屋に行く動画です。
子供の頃を思い出して、エモい気持ちになりますね。
10円ゲームなど、レトロゲームを見るなら、このチャンネルです。

 

⑤えっちゃんねる/悦子

物作りやお絵かきが得意な女の子。色んなことにチャレンジします。

僕は、女性の動画はあまり見ないのですが、彼女は少し毛色が違う気がします。
結構、体当たり企画があります。
お腹出したり、スッピン出したり・・・。
スッピンと化粧後のギャップはスゴイです。女性ユーチューバーって、大変ですね。
元々、ユーチューブを運営しているUUUMの社員チャンネル「ボンボンTV」出身だったかな。
オタクの感じもありますが、まぁ可愛らしい女性です。
お色気系も少しありますね。
お腹を出して、スッピンを出す可愛らしい女性。最近のおすすめは「のがちゃんねる」ののがさんでしょうか。

 

⑥ジェットゆうの成長日記

筋トレやダイエット、筋肉に良い食事など紹介してくれる筋肉系ユーチューバー。

彼の体を見てもらえば分かりますが、ただの筋肉ではない。明らかに動ける筋肉の持ち主です。
名前のジェットは、憧れのジェット・リーから取っています。
年配の人は、ジェット・リーって誰?と、なるかも知れませんが、少林寺のリー・リンチェイは、1998年に名前を変えましたよ。
それはいいとして、おすすめは筋トレのサーキット動画です。
「4分間で腹筋を割る」とか「3分間で背中の肉を落とす」とか色々なトレーニングを作ってくれています。
筋トレのお供には、彼が良いでしょう。

 

⑦slashkatsu7

(音楽カバーから)ギターリストユーチューバー。多彩なジャンルが見れます。

最近、ピアノの弾き逃げ動画をよく見るので、よみぃ氏を推そうかとも思いましたが、知ってるよ!と言われそうなので変化球です。
施設に置いてあるピアノで、上手に米津玄師のLemonを弾くパターンは少し食傷気味です。
今回は、ギターの方を。
ストーンズ、ガンズから横浜銀蝿、BOOWYやマキシマムザホルモンなど多岐にわたるジャンル。
僕が気に入っているのは、松田聖子「夏の扉」です。世代では無いですが、何か懐メロいいなぁ~と思います。
僕はギターが弾けないので、実力のほどは分かりませんが、何度も聴きたいと思えます。

 

まとめ

今じゃ、動画サイトからネタを拾ってくるテレビ番組も出現して、節操が無くなっています。
テレビを面白くするために、ユーチューバーの手を借りなければならないのでしょうか?
ユーチューバーも、登録者数が増えて人気になると、突如としてつまらなくなるんです。人気にあぐらをかくのですかね?

 

ブロガーも、同じかも知れません。
読んで欲しいと頑張って書いていたものが、何を書いても評価されてしまうのなら、やる気が無くなってしまいそうです。
僕は、初心を忘れずにやっていきたいと思います。

 

でも、毎日1万PVあったら、
「こんにちわ!さようなら!」だけで、終わる気がします。
そんな日を夢見て・・・。