コピの部屋

好きなもの・人に対しての想ひを語ってみます。お子様ランチ記事を目指します!

付き合ったその日から同棲した男のはなし

 

f:id:copinoheya:20200425092348j:plain

 

A子さんにルームシェアの件、断られてしまった。
B子さんに頼んでみよう。

 

い、いきなり話し始めてしまった男、コピでございます。
お読み頂き、有難うございます。

 

今日は、タイトル通りの何のひねりもない話です。
ブログに書こう!と思ったけど忘れそうだったので、唐突に話し始めてしまいました。
失礼しました。

 

C君という男性がいます。
C君は一人っ子です。
一人っ子なのに、寂しがり屋で一人が苦手です。
彼女と別れ、ちょっと間が空いたのでしょうね。
すごく寂しくなっているようです。
C君は考えました。
「付き合おうと思うからハードルが上がるんだ!ルームシェアならいいんじゃないか?」
その時のC君は彼女が欲しいというよりも誰かと居たいと思っていました。
≪存在≫だけで良いようです。
「家の中に誰かがいる」それがいい、それでいい、と。

 

めんどくさがり屋のC君が行動を開始しました。
性格が良さそうな人に声を掛け始めたのです。
急いで始めた理由の一つに、賃貸契約の満期があります。
更新手続きが迫っていました。
これを機に引っ越してシェアしたいと考えたのです。

 

最初に話に戻りますが、A子さんにシェアを断られました。
仕方が無いのでB子さんに頼んでみます。
当時のC君は、1Kに住んでいて、2DKに引っ越そうと考えています。
ただ、相手がいないと2部屋いりません。
相手が見つからない場合は、更新を選ぶ可能性が高いです。

 

ここで疑問が湧きます。
なぜ女性にばっかり声をかけているの?と。
C君は昔、男友達と風呂無し1Kに住んでいたことがあります。
仕事を辞め、寮を出たC君が転がり込んだ形です。
部屋が・・・何か・・・汚かったのです。
だから、今度そういう機会があれば、キレイ好きな人が良いと思いました。
僕の主観ですが「女性の方がキレイ好きでしょ💕」という発想です。

 

な、なんと!B子さんが了承してくれました。
B子さんは実家暮らし。
弟もいて、家が手狭になっているようです。
早速、シェアする部屋を探します。
当時のC君は、多少収入が良かったようで、そこそこの部屋には住めそうです。
家賃の3分の1は、B子さんに負担してもらえるようです。
楽しい部屋探しが始まります。

 

良さそうなお部屋が見つかりました。
ただ、C君に賃貸契約の知識はありませんでした。
男女のルームシェアは大家さんに理解されにくいこと、便宜上続柄を「婚約者」とすること、男女それぞれに連帯保証人を立てる連名契約にすること。
さすがに、難しいです😱
B子さんの父親の立場で考えると、ねぇ。
いきなり家を出ていく娘。男と同居。しかも婚約?相手の男は挨拶にもこないのに連帯保証人?・・・ふざけんな!でしょうね。
借りようとしていたアパートには、抵当権が付いていました。
その説明を不動産屋さんから聞いたC君の不安は大きくなっていきました。
抵当権とは「借金のカタ」の証明です。
大家さんが借金を返せないと反社勢力が競売で買い取って、嫌がらせされるイメージがあったから怖くなりました。
これは、その不動産屋さんの説明が悪かったんですよね😅
アパートを建築して全額キャッシュで支払う人なんて、ほぼいません。
殆どのアパートに抵当権が付いていると、今の僕ならC君に説明します。

 

引っ越しの話を一旦取りやめました。
C君はもちろんですが、実家から出ようと思っていたB子さんもガッカリしました。
「どうしようか?」B子さんに聞いてみます。
「今の部屋には住めないの?」
「1Kだから無理だよ」
「・・・」
今度、部屋探しをする時は2人で住める広さの部屋を単名契約しようと思いました。
今回は時間が無いので仕方なく更新です。
「荷物が全然入らないの?」
「本当に狭いんだよ。見てみる?」
冗談ではなく本当に狭い部屋なんですよ、C君の部屋は。
だから、引っ越そうと思った訳で・・・。
一応、B子さんに部屋を見せてみます。
「え?大丈夫じゃない?」
「ムリムリ」
1Kに、男女ですよ。
何も無くても、何か起きますよ、きっと。
「ほら、男だしさ、平常心をさ、保てなくてね、なんか、ほら、わかるでしょ?」
「まぁ」
「恋人同士じゃないんだし」
「じゃあ、付き合えばいいんじゃない?」
「・・・そう、だね」
その日から、C君とB子さんは付き合い始め、同棲を開始しました。

 

 

付き合ったその日から同棲を始めた経験を持つC君は凄いと思います。
本日は、以上でございます。
お読み頂き、有難うございました。

 

・・・

 

あ!言い忘れてました。
B子さんC君と付き合うまで、男性と付き合ったことがありませんでした。
初めて付き合った日から同棲し始めたB子さんの方が、もっと凄いと思いました。