コピの部屋

自分なりの解釈で想ひを語っています。少しの好き嫌いと空想癖があります。

住まいは賃貸のままか? 購入するのが良いのか? どちらが良いでSHOW!

f:id:copinoheya:20190617231810j:plain

自分の住まいは、賃貸が良いのか、購入した方が良いのか?というお話です。
ライフスタイルにも依ると思います。
買うという選択肢がある場合とお考えください。

 

買うことが出来そうなら、買った方がいいでしょう

それが、僕の答えです。

 

実は、一般的に賃貸の方が良いという意見が多いです。
あえて逆張りさせて頂きます。
なぜ、購入が駄目なのか?というより、なぜ賃貸が良いと言われているのかをご説明。

 

借金を背負わなくて良い
購入する場合は、住宅ローンを組むことになるでしょう。
大きな借金を背負う形になります。
返済が長期に及びます。
賃貸の場合、初期費用や更新料を考える必要があるものの、購入ほど高額ではありません。

 

簡単に引っ越し出来る
道路や線路の騒音問題、近隣トラブルなどがあった場合に、引っ越すという選択肢があります。
購入の場合は、高額な買い物ゆえに、嫌なら引っ越すという訳にはいきません。

 

固定資産税等やリフォーム費用がかからない
購入の場合、税金諸々や設備のメンテナンス費用を要します。
賃貸は、家賃に含まれているので、自分で払う必要がありません。

 

家賃が安いところへ移れる
家計に占める、住居費の割合は大きいです。
賃貸の場合は、引っ越すことにより家賃を落とす事も可能です。
住宅ローンは、一定の期間、払い続けなければなりません。

 

気分転換が出来る
住まいを変える事により、かなりの気分転換になります。
生活のリセットとなるでしょう。
購入の場合は、リノベーションがそれにあたりますが、高額となってしまいます。

 

賃貸住宅供給過多で家賃が下がっている
日本の人口は減り続けていますが、賃貸住宅の数はあまり減りません。
部屋が余っている、という事です。
空室を避ける為に、家主は家賃を下げていきます。

 

新しい部屋に住み続けられる
購入の場合、新築で買っても古くなっていきます。
賃貸は、新築へ次々と引っ越せば、ずっと新しい部屋に住めます。

 

地価の下落を考えないで良い
戸建ての場合ですが、資産価値として地価が気になります。
購入時より地価が下がれば、結果的に無駄なお金を払ってしまったと思えます。
賃貸は、むしろ地価下落によって家賃が下がる可能性があります。

 

いかがでしょうか?
賃貸っていいな~と思いませんか?
ライフスタイルにも依りますが、ぜひ賃貸で!

 

www.copinoheya.com

イヤイヤ違います。
それでも、購入 を押させていただきます。

 

理由は、安心感! これがメイン思考です。

 

自分の将来を考えた時に、賃貸の場合(家が無い場合)の不安が大きすぎます。
僕の場合では、ありますが・・・。
「田舎があり老後はそちらで」という人は、良いでしょう。
そうでない場合、一生、賃貸で本当に大丈夫でしょうか?

 

例えば、75歳で今住んでいる賃貸アパートが取り壊し予定となりました。高齢でも住める引っ越し先を探して、荷物を移動するんですよね。拠点を移すのって大変な作業です。
ですから、ある程度の年齢を迎えたら、移動しない拠点が必要だと考えます。
仕事を引退したら、すぐに家を購入できる程度の現金を貯めておかなくてはなりません。
家賃を払うのと同時に、購入資金を貯めることは可能でしょうか?
僕は、無理です。

 

一生、賃貸物件に住むという行為は、本来お金持ちのすることです。
もしくは、一流企業の福利厚生で恩恵を受けられる人に向いています。
普通の人ほど購入を考えた方が良いでしょう。

 

年齢を重ねるほど、購入のハードルが上がります。
用意する現金の額が、大きくなります。
勤めている会社が、突然倒産する可能性はあるでしょう。
そうなると、ローンが組めず購入したくても出来なくなります。

 

購入すると、不安と不満が無くなるというアンケート結果があります。
住めば都と申します。
「この場所が生活拠点だ!」と決めたら、腹をくくるしかないです。
住まいの小さな悩みなんて、すっ飛びます。

 

購入、購入と言ってきましたが、戸建てと分譲マンションがあります。
分譲のマンションには、管理費と修繕積立金があります。これは毎月掛かってきます。
住宅ローンの支払いが終わっても、ずっと掛かります。
同じエリアに同じ広さの戸建てと分譲マンションがあれば、
戸建3000万円 ≒ 分譲4000万円
という価値の感覚で良いでしょう。
車を所有しているのであれば、駐車場付きの戸建てで、よりお得になります。
賃貸物件と同様に、分譲マンション過多で価値が下がる傾向にあります。

 

まとめです。

雨の日には「長靴を履く」しか方法は無いでしょうか?
濡れない為には、長靴が良いでしょう。
しかし「裸足にビーチサンダルで、濡れるのを気にしない」という考え方もあります。
物事を一方向だけで見るのは、良くないという事です。

 

賃貸と購入を比較した場合、支払う額に目がいきがちです。
「支払ったお金がどこにいくのか?」を考えるべきです。

 

賃貸の場合、オーナーにお金がいきます。当たり前です。
身内がオーナーでない限り、そのお金は、捨てているようなものです。
家賃の中には、建物の税金や住宅設備の買替積立も含まれています。表に出ませんが、それらをひっくるめて、家賃と言います。
オーナーが、固定資産税とかエアコン交換費を善意で払っている訳ではないのです。

 

購入の場合は、全て自分の為に、支払います。
住宅ローンの利息も結局は自分の資産の為です。利子を少なくしたいなら頭金を多く入れれば良いし、利子が嫌なら現ナマで買えば良いという事です。
自分の為だけに、払うものです。

 

最初に申し上げた通り、ライフスタイルに依るところが大です。
転勤が多いとか将来的には実家に帰るなどの理由があれば、賃貸物件で工夫して生活すれば良いでしょう。
購入・賃貸で迷われているのなら、ご参考にして頂けると幸いです。

 

お読み頂いて、ありがとうございました。