コピの部屋

好きなもの・人に対しての想ひを語ってみます。お子様ランチ記事を目指します!

【ポエム童話】白鳥が眺める色とりどりの世界

 

青い空を眺める

 

碧い池から眺める

 

私は空へと向かって飛び立った

 

地上へ白い羽根がひとひら

 

 

 

茶色の山道を眺める

 

朽葉色の木の枝から眺める

 

私は地面に降り立った

 

道には白いパンがひとかけ

 

 

 

私はパンをついばむ

 

三日間の空腹を忘れるために

 

その先にもパンがある

 

まるで何かの目印のように

 

 

f:id:copinoheya:20211220073223j:plain

 

 

カラフルな家を眺める

 

緑色の芝生から眺める

 

私は家へと近づいた

 

家の中には女性がひとりだけ

 

 

 

茶色の山道を眺める

 

朽葉色の木の枝から眺める

 

兄妹が道に目印として置いたパンを探していた

 

憔悴した妹の瞳から涙がひとつぶ

 

 

 

私がパンをついばんだ

 

三日間の空腹を忘れるために

 

道に置かれた全てのパンを食べてしまった

 

兄妹の目印だったようだ

 

 

f:id:copinoheya:20211220073602j:plain

 

 

カラフルな家を眺める

 

緑色の芝生から眺める

 

兄妹は家へと近づいた

 

空腹の兄妹が家をかじる

 

ひとくちまたひとくち

 

 

 

カラフルなお菓子の家の中を眺める

 

透明のキャンディで出来た窓から眺める

 

兄が檻に入れられ妹は料理を作らされ

 

近くにいた魔女がひと笑い

 

 

 

真っ赤な炎を眺める

 

漆黒の庭から魔女が燃えているのを眺める

 

兄妹を背中に乗せて飛び立つ

 

帰り道のわからなかった兄妹はひと安心

 

 

 

私がパンをついばんだ

 

兄妹が目印にしていたパンを食べてしまった

 

だから兄妹を無事に家まで送り届ける

 

背中に乗せたヘンゼルとグレーテルのポケットの中は宝石でいっぱいだった

 

 

f:id:copinoheya:20211220074024j:plain

 

 

先日、ある童話のあらすじを読む機会があったんですね。(作品名は伏せます)
こどもの頃に読んだ童話のハズですが、後半部分をあまり覚えていなかったです😓
むかしむか~しの童話なので、時代によって色々と変化するみたいですよ。
『白鳥』が登場するバージョンも存在するみたいなんです。
初耳でしたねぇ。
その白鳥バージョンのあらすじを読むと、『白鳥』が唐突に出てきます。
これはいけません!
童話は基本、こどもの読み物ですから、登場の理由がキチンとしていないと駄目です🙅
だから、僕なりに辻褄を合わせてストーリーを考えてみました。

 

ただ、自作あらすじを載せても面白くないので、白鳥目線ポエム仕立てにしました🌟

 

そしたら・・・
こどもに伝わりにくくなっちゃった😨

 

本日は以上です。
童話の楽しみ方は、色々ですね。
お読み頂き、有難うございました。