コピの部屋

自分なりの解釈で想ひを語っています。少しの好き嫌いと空想癖があります。

青春の1ページと汗まみれのシーツ

f:id:copinoheya:20190923213815j:plain

青春とは

1 夢や希望に満ち活力のみなぎる若い時代を、人生の春にたとえたもの。青年時代。「青春を謳歌 (おうか) する」「青春時代」
2 春。陽春。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

 

また、やられました。
今週のお題に、です。

 

記事を書こうとすると『今週のお題「青春の1ページ」』が見えました。
その時は、別の記事を書いていますから、無視します。
「あ~青春か~」
でも、僕の頭の20%程度、その 青春 に持っていかれます。

 

青春って、学生時代かな?
校舎裏でラブレターを渡したり、下駄箱にチョコレートが入っていたり、そんな感じかな?
でも、20歳くらいでも、青春と呼べるんじゃないかな?

 

具体的な年齢は伏せますが、初めて同棲した時代の青春を書こうと思いました。
「そうだ!あのことがいい!」
大枠が決まり、念のため、お題の内容を確認しました。

 

「部活」をテーマにブログを書きましょう
ですって!

だったら、今週のお題「部活」にすれば良くないですか?

 

テレビを見てても、その瞬間まで15秒!とカウントダウンがスタートし、1になったらCМが始まる、そんな番組が多いです。
テレビ離れが進む訳です。

 

はてなブログの運営の人も気を付けた方が良いと思いますよ。
書いて欲しいのは「部活」の筈なのに、誤解を生みます。

 

☆★☆

 

まぁ、折角だから、少し書いてみますよ。
青春時代を。

 

彼女は、働いており、僕は、無職でした。
彼女が住んでいるワンルームに転がり込んだ次第で。
ちょっと「ダメ男」に、憧れた時期でもありました。
大竹まことさんだったかな?
無職時代に同棲した彼女が、テーブルにおこづかいの2千円を置いて働きに出る。大竹さんは、そのお金をギャンブルで使う。みたいな。
実際は、何の才能もない無職が家にいたら迷惑なだけ、と僕は早々に悟り、仕事を探しましたが・・・。
すぐ働ける仕事として選んだのが、交通警備でした。
道路工事などで、短いライトセーバーのようなものを振り回す人です。
※短期間ではあるものの、色々体験したので、別の記事でも書いてみようと思います

 

まぁ、とりあえず、交通警備を始めました。
給与体系が少し変わっていました。(今はどうかな?)
日給制ですが、月に出た日数によって、給与が変わります。
そのラインが確か「22日」だったと思います。
22日以上出勤したら、日給1000円アップ!という感じです。
22日って、週休二日と同じだから楽だと思いがちですが、そうじゃありません。
工事現場だから、雨で中止があり得るのです。
週5でシフトを入れると、天気によって22日を切ってしまいます。
僕は、短期間で稼いですぐ辞めたいと思っていましたから、週6のシフトにしました。
日勤より夜勤の方が、1000円高いので、夜勤にしました。

 

夜勤のメリットは、日給の高さだけではありません。
日中であれば人の目を気にして、制服を持って私服で移動します。
夜は制服を着たままでも、周りはあまり気にしません。
ヘルメットとライトセーバーと地図をバッグに入れて、ニセ警官姿で移動します。
会社的には禁止行為です。若いってスゴイですね。

 

一緒に住む彼女は、昼間に働いていますから、家に帰ると今度は僕が仕事に出るという生活になります。
お互い若いのに「口数がめっきり減った中年夫婦」のような生活になっていきました。

 

彼女は、不満たらたらです。
互いに日曜日が休みでしたが、良く考えてください・・・。
僕は、土曜日の夜勤で、日曜日の明け方に家に帰ります。
仕事終わりで眠りにつきます。
起きると日曜の夕方です。
何処にも行けませんよね。

 

彼女は、木曜日もお休みでした。
木曜日、彼氏は朝に帰ってきて、寝て、夕方仕事へ向かいます。
木曜の昼間は、彼氏のかわいい寝顔を見るしか出来ないんです。
彼氏って、僕のことですが・・・。

 

「これでは付き合っている意味が無い」
人間は食べるために働いていて、仕事が忙しく食べる時間が無ければ、本末転倒です。

お金を貯めて、安定した職場を探すことが彼女の為だと思っていました。
その努力のせいでお別れしたのでは、本末転倒です。
僕は、彼女の希望を聞きました。

 

「自分が休みの日には、彼氏とお出かけしたい・・・」
彼氏って、僕のことですから、対策を考えます。
職場には、昼夜連チャンで働く強者がいました。
僕も真似をして、夜昼連チャンのシフトを組むことにしました。
水曜の夜勤を日勤に変え、土曜の夜勤を日勤に変えました。
水曜と土曜の夜は、24時間勤務明けで、寝てる屍となりますが、翌朝に起きてお出かけが可能です。
彼女の機嫌も直りました。

 

ただ、雨の多い月は、もっとシフトを入れないと、収入が減ります。
他の曜日でも、夜昼連チャンを入れます。
作業開始の90分前に本部へ確認連絡をしなければならず、そこで初めて「今日が中止かどうか?」が分かります。
前の日に分かっていれば、スケジュールが組みやすいのですが・・・。

 

ストレスが徐々に溜まり始め、満足な睡眠も取れず、体調が優れません。
起きた今は、朝か夕方か?彼女は今日休みなのか?分からない状態となりました。

f:id:copinoheya:20190923215614j:plain

そんなある日、目が覚めると、シーツが濡れていました。
いい大人(僕です)が、粗相してしまいました。
タイミング悪く、彼女が仕事から帰ってきました。
確か、その日は、凄く暑い日でした。
「汗」であると、言い張りました。

 

彼女の為に頑張ったのだから、大目に見て欲しいです。
僕は夜尿症ではないので、もちろん初めてです。
初めてだから、執行猶予を。
しっこ、ゆうよ。
いえ、何でもないです。

 

天気の良い日、町を歩いていると、布団を干しているお宅があります。
その布団を見て「青春だな~」と思うのは、僕だけでしょうね。

 

お読み頂き、有難うございました。

 

 

プロ野球の名脇役 (光文社新書)

プロ野球の名脇役 (光文社新書)