コピの部屋

好きなもの・人に対しての想ひを語ってみます。お子様ランチ記事を目指します!

マスクを「網戸」ウイルスの飛沫を「霧吹き」に置き換えて考えてみました

f:id:copinoheya:20200519123712j:plain

 

変換が好きな男、コピでございます。
お読み頂き、有難うございます。

 

僕は、変換が好きな、変換男です。
ん?変態みたいで、なんか、嫌ですね。

 

例え好き男にしましょう。

 

以前、例の“マスク2枚”について、「手作りで十分」「450億あるなら別に使えば?」「発注先は誰が決めたの?」などと文句を言ってしまったので、自宅に未だマスクが届きません。

 

それは良いのですが(良くはないですが)、今回の新型コロナで矛盾を感じていることがありました。
そのことについて考えてみます。
※僕は医療の知識が無いので、素人発言とご留意頂けると幸いです

 

ウイルスはマスクで防ぐことが出来ない

 

ウイルスは小さいものなので、マスクをしても通過しますよ、という意味だと理解しています。
そう考えると不思議ですね。
マスク不足
効果が無いモノを買う必要があるのでしょうか?
こんな息苦しいモノを毎日つけるって・・・ねぇ。
そんな風に思ったりしませんか?

 

そこで、僕なりに考えてみましたよ。
タイトルの通り、マスク=網戸 で ウイルス飛沫=霧吹き のイメージです。

 

網戸に向かって霧吹きをかけてみます。
網戸の向こう側に人を立たせ、顔をめがけ噴射!
網戸は濡れるものの、人の顔も濡れてしまいました。
網戸には霧吹きの水を止める力が無いのでしょう。
網戸を間に置いた意味があるのか?無いのか?

霧吹きと顔の間に網戸を2枚くっつけて置いてみました。
やっぱり顔は濡れますが、先程より通る水の量が少ないです。

 

マスク=網戸と考えると、布マスクが網戸1枚で、高級マスクが網戸2~3枚なのかなぁと思います。
ただ、どちらのマスクも完璧でないですね。

完璧では無いものの、つけた方が良さそうな感じがします。
手作りでも、ある程度の役割は果たせそうですね。

 

霧吹きの前に網戸を置いて、少し距離を空けて、もう一枚網戸を置いて、その向こうに人を立たせてみましょう。
霧吹きを噴射!
顔がほとんど濡れていません。

 

ウイルスを防げないと言われているマスクも、国民全員で装着すれば、意味があるモノに変わりますよね。
そう思います。
口と鼻をガードすれば良いのならマスクに拘る必要は無いです。
マフラーでもスカーフでも良いでしょうね。
ですから、折角のマスクで顎を守っている人は正しい位置に戻してください。

 

ただ、ウイルスは目の粘膜からも感染するそうなので、眼鏡やゴーグルが本当は必要なのでしょうね。
突然目の前に人が現れて、あなたの顔に向かってクシャミをする・・・そんな事は無いと思いますけど、マスクをしてない人が話しかけてくることはあると思います。
ノー眼鏡+マスクの人は、身を守る為に、唾を飛ばしそうな相手をサスマタ等で押さえましょう。

冗談で言っているようなそうじゃないような気持ち・・・

 

マスク=網戸で考えて参りましたよ。
もう一度、イメージしてください。
霧吹きの水(ウイルス)が網戸(マスク)に付きます。
その網戸を指で触れたあと、鼻をホジホジしてしまうと網戸を置いた意味が無くなってしまいます。
一度つけたマスクは極力触れずに、外す時には「マスク表面にウイルスがくっついている体」で対応すると良いと思います。

結局は、手洗いが一番大事 だと考えます。

 

今更・・・の内容でした。
本日は以上です。
お読み頂き、有難うございました。