コピの部屋

好きなもの・人に対しての想ひを語ってみます。お子様ランチ記事を目指します!

『Pとお別れを』

 

『Pとお別れを』 作:コピ

 

永遠に一緒に居られると、僕は勘違いしていた。
昨日の夜、僕はPとお別れをしたんだ。
触れ合った長い時間が嘘のように、呆気なく。
きっと誰も悪く無い。
時の流れが残酷なだけ・・・。

 

f:id:copinoheya:20201022162239j:plain

 

別れる前に、Pをジッと見た。
出会った時のことを思い出すために。
初めて会ったのは、有名なファストファッションのお店だった。
少し手が触れただけ。
僕は一瞬でPを好きになった。
歳を取るにつれ、好みの形は変わると思う。
今の形を望んでから数年、Pが最高だと確信した。

 

 

僕は保守的なので、出会って間もないのに、Pと別れた後のことを考えた。
ズルい考えかも知れないが、類似を探したこともあった。
Pのような、存在を失いたくなかったから・・・。
でも、僕が求める、Pと呼べる存在は、このPでしか無いのだ。

 

 

高い頻度でPを欲すれば、Pとのお別れが近づく気がする。
ジレンマに襲われた。
なるべくPに触れないようにした。
代わりはあるから・・・。
罪悪感と共に過ごした。

 

 

Pとの関係がギクシャクし始めた。
僕とPがフィットしないのだ。
Pの緩さが逆に、僕の心を締め付ける。
新たな出会いを求め彷徨う。
だが、Pの代わりは存在しない。
世の中の違う価値観に、僕がついていけていない気がする。

 

 

大事なところが薄れてきている。
Pを見て思う。
ウンがよく、ツイていたとか、いや、ツイてないとか考える日もあった。
「失いたくない」
心からそう思うが、出会った頃の触れたトキメキが無くなっているのも事実だった。

 

 

僕がPと呼ぶのは、この手の中にあるPだけ。
今までありがとう。
ひょっとすると、別のことをする為に、そばにいてもらう事も出来たかも知れない。
僕は、そうしなかった。
Pは、最後までPでいて欲しかったから・・・。

 

さようなら

 

 

 

 

 

 

ユニクロの肌触りがとても良かったP(パンツ)を捨てた。
ゴムがダルダルで、表面が毛羽立って、大事な部分が薄れたから。
きっと、誰も悪くない。
洗濯の仕方にも問題は無い。
ただ、時の流れが残酷なだけ・・・。