コピの部屋

好きなもの・人に対しての想ひを語ってみます。お子様ランチ記事を目指します!

T字路が気になっ丁(てい)仕方ない

 

的を得たブログを書きたい男、コピでございます。
お読み頂き、有難うございます。

 

先週、近所を車で走っていました。
その時の話をしてもいいですか?

 

f:id:copinoheya:20210519072011j:plain

 

このような道があったんです。
※僕の車は青色です
T字路の下の道には「停止線」があります。

 

 

ちょっと待ってください!

 

 

正しくはT字路じゃなく、丁字路です。
甲乙丙丁のの字を使って丁(てい)字路ですよ。
確かにTの字にも似てますからねぇ~。
分からなくも無いです。
でも、丁字路ですので、覚えてくださいね。

 

 

いや、丁字路の話がしたい訳じゃ無いんです。
停止線を越えて、頭がひょっこりはんの車がいたんですよ~
その丁字路には、カーブミラーが付いていました。
ミラーを見て車の気配が無いから、ちょこっと前に出る気持ちは分かります。
車が連なっていて、どう考えても入れない状態なのはカーブミラーで一目瞭然です。
きっと、ミラーを見ていないんですよ。
遠目で、おばちゃんが運転しているのが分かりました。
おばちゃんが運転するカーブミラーを無視して停止線を越えた車って怖いですよね。
そのおばちゃんに注目していたんで・す・YO!
ずっと、左側を向いています。
左側の車列が切れたら入ろうとしています。
僕の車が、右側から近づきます。
右側を向く気配がありません。
「やっちまったな!」されないように、僕はクラクションを鳴らします。
ババァ    おばちゃんが「なによ!」みたいな顔でこっちを見ます。
イヤイヤイヤ。
あんた、絶対、右側を確認しないで前に進むよ・・・。
事故にならなかったことを感謝して欲しいわ!

 

 

と、いう話です。
特にオチも無いです。

 

f:id:copinoheya:20210519072702j:plain

f:id:copinoheya:20210519072731j:plain

f:id:copinoheya:20210519072807j:plain

 

教訓は、T字路じゃなくて丁字路だ! ということです。

 

 

T字路と同じくらい気になっちゃう文字が、的を得るですね。
要点を的確に捉えている様子を正しく言うと、的を射るです。
ヤフーニュースのコメントで良く見ます。
「的を得てる」と。
どんなに良い事を言っていても、的を得てる時点で興醒めです。
大体、的を得るって何だよ?
的を持って帰るんか?

 

「的を得る」は誤用であり、正しくは「的を射る」である。

と、『三省堂国語辞典』にも書いてあります。
ただね、後日、

誤用とも言えない

と、撤回します。

 

何とも、的を得ない話ですねぇ🙄

 

言葉は生き物で、変わっていくものですからね。
20年後には『的を得る』になっているかも知れません。

 

 

似た言葉で、正鵠を得るというものがあります。

正鵠を得る
読み方:せいこくをえる

物事の要点などをうまく捉えている、などの意味の表現。「正鵠を射る」「正鵠を失わず」などとも言う。

出典:実用日本語表現辞典

 

意味がほぼ一緒です。
こちらの場合、「射る」とも言う、って感じですね。

 

的を得るは、正鵠を得るに引っ張られちゃった言葉だと思います。
ちなみに、正鵠とは、弓の的の中心にある黒点のことらしいです。
中心点なので、物事の急所という意味でも使われます。
扇の『要(かなめ)』と似た感じですかねぇ🙄

 

 

まとめ

結局、何が言いたいのか分からない記事になってしまいました。
正鵠が見えていないからでしょうね。
正鵠は見なくても、カーブミラーは見た方が良いかなぁ~と思います。
イヤ、見ないと駄目です!!

f:id:copinoheya:20210520135145p:plain

 

本日は以上です。
お読み頂き、有難うございました。

f:id:copinoheya:20210512073621j:plain