コピの部屋

好きなもの・人に対しての想ひを語ってみます。お子様ランチ記事を目指します!

『彼女とセミの共通点』

 

 

『彼女とセミの共通点』 作:コピ

 

f:id:copinoheya:20201111225301j:plain

 

ケヤキ並木も秋の気配に。
落ち葉の絨毯は、僕の足取りを重くした。
夏が短すぎて、セミもなき忘れたのではないのか?

普段は滅多に寄らない果物店に入った。
好みを思い出せないが、きっと何でも食べるだろう。
僕は、彼女が入院している病院へと向かった。

 

 

病床から身を起こした彼女が笑顔で迎えてくれた。
青白い顔の彼女の瞼(まぶた)は、今にも閉じてしまいそうだった。
「大丈夫?」
大丈夫じゃなきゃ困るから、僕は大丈夫かと聞く。
「うん、大丈夫」
大丈夫じゃないけど、大丈夫と言っているのは分かる。
「そういえば、今年はあんまりセミの鳴き声を聞かなかったね」
瞼を閉じたら、彼女がずっと起きないような気がして、僕は無理やり話を振る。
「ほ、ほんとだね」
彼女は答えた。
「頑張って鳴いてもらわないと困るよ」
「うん」
「セミの一生は短い・・・」
僕は言葉を飲み込んだ。何の話をしているのだろう。
「ううん。セミの一生は意外と長いみたいよ」
彼女が気をつかって話を続けてくれた。
「3年以上も土の中で過ごしているんだって」
「おっ!じゃあ、虫の中では長生きだ」
「うん」
セミは人間からは見えないけれど、土の中で青春時代を過ごすんだ。
木にとまって鳴いているのは、自分の一生を語っている姿なんだね。
セミの一生は長い。

 

 

僕と彼女の関係は、セミが土の中にいる時間よりも短い。
そう、これからじゃないか。
好きが恋に変わって、恋が愛に変わって。
彼女は一人で立つことが出来ないが、僕が支えると誓った。
僕たちは大丈夫だって信じてる。
セミの一生のように、長く、永く。
「・・・」
彼女の瞼は閉じていた。
「あ、亜紀・・・もっと話したかったなぁ」
僕は、彼女の頭を撫でながら呟いた。

 

f:id:copinoheya:20201111225821j:plain

 

彼女は、海外の連続ドラマにすっかりハマってしまっていた。
消灯時間を無視して、こっそり観ているのを僕は知ってる。
僕よりもドラマを選ぶのね。
真昼間に眠くなるのは、不規則な生活をしているからだ。

 

憎たらしい彼女の頭を優しく撫でる。
彼女の髪型は、セミロング。

 

僕は、彼女の左足のギプスを見て舌打ちをする。

 

 

この物語はフィクションです。
実在の人物や団体などとは関係ありません。