コピの部屋

好きなもの・人に対しての想ひを語ってみます。お子様ランチ記事を目指します!

四度目で発見!

 

仏の顔も二度が限度の男、コピでございます。
お読み頂き、有難うございます。

 

みなさまは『四度目で発見!』という言葉をご存じでしょうか?
知らないでしょうね。
僕が今、作りました。

 

」と「」の差はですが、それ以上の何かがあります!というお話です。

例えば、スーパーで買うモノが3個だったら覚えているが、4個になると何かしら忘れてしまう。
そんなことあるでしょ?
無いですか?😊

じゃあ、聞いたことが無い人物名を3人までは覚えようと頑張れるが、4人になった途端覚える気を無くす。
これはあるでしょ?
無いの?
はぁぁぁ?
こっちが自分のブログでそう言っているんだから、納得しなさいよ!
「気を使う」という言葉を知らんのか!😠

失礼しました。
僕の仏の顔は1度きりでした。

 

話を戻します。

 

人間の本質って、四番目にあることが多いと思います。
相手に「欲しいモノは何?」という質問を三度繰り返してみます。
まぁ、3個くらいは出てくるものです。
「あと、もう1個。欲しいモノを強いて言えば?」と聞いてみます。
相手は何とかひねり出そうとするでしょう。
その答えが、深層心理で一番欲しいモノらしいです。
昔、誰かに聞いた事なので、正しいかどうかは保証しません!

 

あっ!確実に、四度目が大事 なことがありました。
映画やドラマの視聴がそうですね。
その作品の本当の良さが理解出来るのは、四度目以降です。
(の、はずです)
1回見ても合わない作品は、何度見ても合わないはずだから置いておきます。
「ちょ~おもしれぇ~」と感じた作品は、最低四度は見ましょう。
1度で終わるのは勿体ないし、良さが分かっていない可能性があります。
女性のスッピンの顔を知らずに付き合っているみたいなもんです。
(素の顔がいいね、という意味です)

 

ある作品(映画)を初めて見たとしましょ。
当然、何が起こるか分からずに見ています。
見終わって「面白かった」と感じました。
ただ、それはストーリーが面白い だけ でしょうね。
そうであるなら、わざわざ2時間見なくても、あらすじを読めば済んじゃいます。

 

作品を深く知りたいのであれば、結末を踏まえ、主人公は何故そう思ったのか?などを確認する必要があるでしょう。
それが、二度目の視聴です。
そして、恋愛映画なら相手目線、戦争映画なら敵目線で視聴する三度目。
色々な感情が出揃い、ストーリーを把握した上で、カメラワークや劇伴を楽しむのが四度目の視聴です。
やっぱり、最低四度は作品を見ないと、その良さは分からないと思います。

 

f:id:copinoheya:20201017090735j:plain

 

なんで急にそんな話をしているかと言うと、後輩が1番好きだという映画の内容を大して覚えていないのがきっかけです。
僕の感覚では、好きな映画は(迷惑ですけど)他人に熱く語れるくらい身に付いているものです。
僕は、後輩の1番映画を見たことがありますが、そこまで好きではありません。
でも、後輩よりも作品知識があります。
理由を探ると、後輩は一度しかその映画を見ていないとのこと。
そりゃ、見終わった印象だけで内容は覚えてないでしょう。

 

今どきの若者(←死語)は、淡白なのでしょうかねぇ。
後輩には、好きな映画は四度以上見た方が良いと言っておきました。
好きな映画は何度も見るべきだし、好きな女性には何度も愛していると言いなさいとアドバイスをしました。
僕は優しいですね。

 

本日は以上です。
三度の飯より綾瀬はるかさんが好きな男、コピでございました。
お読み頂き、有難うございました。