コピの部屋

好きなもの・人に対しての想ひを語ってみます。お子様ランチ記事を目指します!

『僕の体をシェアしてる』

 

『僕の体をシェアしてる』 作:コピ

 

【目次】

 

 

【2020年10月 9日】

「なぜ、簡単に死を選ぶ人間がいるのでしょうね」
「実行するのが簡単なだけで、それまで相当悩んだと思うが・・・。遺書は見つかったのか?」
「いいえ。ただ、8月に睡眠薬を大量摂取して、昏睡状態になったようです」
「そうか。じゃあ、自殺で決まりだな」
「僕もそう思います。4か月ほど前から睡眠薬を飲み始めて、量が増えていったみたいですね。結局、薬では死ねないので首を吊ったのかと」
「睡眠薬の量が少しずつ増えたって?悩みを抱えていたってことか?」
「警部、それがですね、周りの人間に聞いても動機が分かりません。ただ、真面目だった彼が、最近会社を休むようになったそうです。」
「突発的な行動じゃない、か・・・」
「ええ、判断が難しいです。ちなみに、亡くなった彼は、アイドルグッズを集めるのが趣味で、3日前にも新作のグッズを買っています。あと、借金などは無いですが、正社員の仕事以外に、夜間のアルバイトをしていました。職場の上司の話では、いつも眠そうだったと」
「悩みがあって眠れないから睡眠薬を飲み始めたんじゃないのか?」
「友人からも、最近の彼はよく居眠りすると聞きました。薬は要らないと思うのですが・・・」
「あぁ。だが、自ら睡眠薬を飲んでいるのは間違いないし、この現場に不審な点も無い。自殺で処理するしかないな」

 

f:id:copinoheya:20200928152630p:plain

 

「これが彼の集めたアイドルグッズか?」
「そうです」
「大きなラックにいっぱい、だな。今、これが流行っているのか?」
「私も詳しくないですが、中高生に人気のアイドルグループですね」
「右側もそうか?」
「ん?いえ。右にあるのはメタルバンドのグッズです。これは、私の趣味に近いです」
「それは聞いてない」
「すみません。ただ、左側のアイドルグループとは趣味がかけ離れていますね」
「まぁ、多趣味な男だったのだろう」
「そうですね。こっちの本棚も面白いです」
「なんだ?」
「左側半分に少年漫画やゲームの攻略本があって、右側には難しそうな哲学書やビジネス書があるんです」
「部屋全体は汚いのに棚は左右に分けて、変に几帳面な奴だな。心に繊細な部分を持つ人物なのかも知れない。そろそろ署に戻るか」
「はい」

 

f:id:copinoheya:20200928152744p:plain

 

【2020年 3月12日】

あれ?俺の買った本が消えてる?
なんでだ?
そして、また漫画が増えてるじゃないか
いい加減にしろよ
そっちがその気なら・・・
ふう
でも、イライラするのは良くない
ストレス発散しないとな
何かを始めてみるか?
ただ寝るだけの生活も味気ない・・・
そうだ、仕事だ
働かざる者、寝るべからず、だ!

 

【2020年 3月13日】

うそ?
本棚の右側のマンガが全部無くなってる・・・
誰か部屋に入った?
あ、こっちの段ボールに入ってた
何だこれ
僕がやったの?
うわ、ラックの半分だけ全部・・・
おかしい、おかしいって
ゆいぽんのグッズも段ボールの中
訳がわからないよ

 

【2020年 5月28日】

あー、疲れたぁー
体がしんどいわ
でも、仕事の疲労って生きてる感じがする
自分へのご褒美が必要じゃないか?
俺の癒しはハードな音楽
ラックは半分空いたままだから、結構入れられるな
テンションが上がるわ
本棚のスペースも寂しいねえ
俺はマンガなんて読まないから、ホントは全部捨てたい
でも、さすがに奴がブチ切れるわな
これくらいで、我慢だな

 

【2020年 5月29日】

また知らないグッズが増えてる・・・
こんなバンド知らないよ
僕の知らない所で、勝手にお金が引き出されて、興味が無いグッズが買われてる
この難しそうな本もそう
僕はおかしくなったのだろうか?
体が凄く疲れているし
なんだか寝ている間に外に出ている気がする
夢遊病・・・なのかも知れない
無意識に歩く僕を見て、近所の人は何とも思わないのかな?
無事に帰ってきているのが不思議
こんなこと、誰にも相談できないよ

 

【2020年 7月30日】

あー、ムカつく!
ここ2ヶ月、俺の記憶が飛んでいる
あいつ、睡眠薬を飲み始めやがった
おかげでバイトを首になったじゃねぇか!
俺は、俺の人生を楽しみたいんだ
邪魔はさせない
お前の記憶が飛べばいいだろ
なぁ

 

【2020年 8月 3日】

ウソでしょ?
え?もう、夕方?
は、8月?
4日間、記憶が無い
なんで?
睡眠薬を飲み始めてから体の疲れが取れてきたのに・・・
そうか!
たしか、1週間前から薬を飲まなかった日があるな
多分それが原因なんだ
僕の体は薬が無いと成り立たないのだろう
悲しいけど・・・
薬の量を増やした方がいいよね
当分の間、仕事は休ませてもらおう
無断欠勤じゃ迷惑がかかるから

 

【2020年10月 5日】

あの野郎、大量に睡眠薬を飲みやがって
俺を抹殺する気か?
お前が消えればいいだろ
なめてるのか?
俺がお前を支配するんだ!
絶対に

 

【2020年10月 6日】

“首でも吊ってみるかい?”
何だ、このメモ
誰かが僕を洗脳しようとしてる・・・
体を蝕むモノがあったとしても、僕は絶対に負けない
僕の人生は、僕のものだ!
誰かに譲るわけがないよ
僕は僕らしく生きるんだ!

 

【2020年10月 7日】

何だ?このアイドルグッズは?
あっそ
やる気なんだな
あぁ、分かったよ
俺の本気が分かっていないようだな
いいよ
本格的な準備をしてやるよ
ロープも台も用意して、なぁ
くそ!ロープを先に引っ掛けちまった
首にロープの跡を付けるの忘れたな
めんどくせー
このままで、出来るか?
なかなか、力が入らねぇな

あっ

 

 

この物語はフィクションです。
実在の人物や団体などとは関係ありません。