コピの部屋

好きなもの・人に対しての想ひを語ってみます。お子様ランチ記事を目指します!

「ご飯のお供にならないよね?」と思うもの

f:id:copinoheya:20200923073112j:plain

 

土下座はしませんが、先に謝っておく男、コピでございます。
お読み頂き、有難うございます。

 

すみません!

 

正直に言います。
これはご飯に合わないよね・・・と思うおかず(料理)があります。
黙っていて、ゴメンなさい。

f:id:copinoheya:20200923073119j:plain

 

以前、当ブログで「ご飯に合うおかず」の記事を投稿し、はてなブログさんが後追いで「ごはんのお供」今週のお題にされていましたね。
いいんです、いいんです。
持ちつ持たれつですから・・・。

 

今日はその真逆、ご飯のお供にするには難しいと思うおかず がテーマです。
このお題は、禁断の・・・パンドラの箱・・・でしょう。
僕の完全主観で、読者様からの「あんた、何を言ってんの」視線をビンビン感じますよ。

 

この記事を作成するきっかけです。
以前から「これはご飯に合わない」と思うおかずがいくつかありましたが、誰にも言えずに生きてきました。
会社で食べ物の話になり、「え?ごはんと一緒に食べるんですか?僕は無理です」と後輩が言ったのです。
はっ!と、しました。

 

我慢しなくていいんだ
カミングアウト出来るんだ
アイムフリー!フリーダム!!

 

そして、ブログでぶっちゃけてみようと思いました。
ひょっとすると分かってくれる人もいるかも知れませんし・・・。

 

この記事をお読みの方にお願いがあります。
おこちゃま舌の男(僕)の戯言です。
右から左へ受け流して欲しいですね。
「なんでだよ!」とか言わないでください。
僕自身も理由は分からないのだから・・・。

 

では、コピの部屋プレゼンツ

ご飯に合わなくなぁい?おかず

発表です

 

 

 

違うんですよ!
そのおかず単体では好きなんです。
なんて言いますか・・・。
わざわざご飯と合わせなくても良くない?そんな感じです。
そこんとこ、誤解されないようお願い致します。

 

ではでは、発表いたしま~す!

 

 

 

 

一つ言わせてください。
僕は、ご飯におかずをバウンドさせて食べる、行儀の悪いタイプです。
おかずバウンドで残ったタレか汁が、ご飯に合うかがポイントだと考えます。
焼肉とご飯を食べてるつもりが、実は、焼肉のタレでご飯を食べているだけってことがありますよ。
人生に勘違いは付き物です。
「あの娘には僕が必要だ!」と思っていても別れた彼女はカリフォルニアの空の下、元気に暮らしていることでしょう。
※妄想です

 

そろそろ発表のお時間ですね。
では、参りま~す!

 

 

 

 

あ!
今日の記事は、そのおかずに対してマイナスのイメージが持たれる可能性があるので、写真など貼らないですよ。
おかず名のみです。
折角の美味しそうな写真も「ごはんと合わないおかず」と紹介されたんじゃあ、不本意だと思いますし。
活字だけでもその料理は分かりますよね?
おかず名(料理名)の中に『エマダツィ』なんてありませんから。
ベタなおかず名しか挙げませんから、大丈夫な筈です。

 

もう、いい加減、言いたくなっていますから、発表します。
本当です!

 

 

餃子

 

かに玉

 

酢豚

 

焼売

 

小籠包

 

 

が、ご飯に合わないと思っています。
ご飯とは別々に食べます。
すみません。
なんか、中華料理が多いですね。
他にもありますよ。

 

 

天ぷら

 

コロッケ

 

串揚げ

 

シチュー

 

 

カレー感覚でシチューをご飯にかける人っていますね。
リゾット的な感じになるのは、まぁ、理解出来ます。やりませんけど。
そもそも僕は、シチューを食べる時に限り、相方を「パン」にします。
別に、どうでもいいですよね。

 

そうなのです!
食卓の大皿に、天ぷら・コロッケ・ハムカツ・串揚げがのっている状態に、ハイっと白飯を渡されても、一粒も食べることが出来ません。
ですから、僕を揚げ物パーティーに招きたい場合は、ふりかけ(出来れば味道楽)をご用意頂けると助かります。
生卵や納豆でも良いですよ。
最悪、わさび醤油だけでもいいです・・・。

 

あなたにとって、ご飯が進まないおかず は、なんですか?
この際、発表しちゃってもイイんじゃないですか?

 

もう一つ、お伝えする事があります。
ご飯に合うと思えないけど、何となくのせて食べてしまうもの。
僕の場合、お弁当の端っこにある冷めたナポリタンをご飯にのせて食べます。
恥ずかしいので、内緒にしておいてください。

 

本日は以上でございます。
お読み頂き、有難うございました。