コピの部屋

好きなもの・人に対しての想ひを語ってみます。お子様ランチ記事を目指します!

走れ!エロス!【短編小説】

f:id:copinoheya:20200722221959j:plain

 

コピは激怒した。

 

あの町は、終わっている。
妹の結婚祝いを『ドン・キフォーテきゃぶき町店』で買おうと思ったのに。
新しくこのエリアの王様になったコロナのせいだ。
新コロナ王は、手下のホスト一家を使い、ウイルスをまき散らす。
ウイルスに命を奪われる者まで現れた。
「妹のためのLEDシーリングライトが買い難いじゃないか!」
コピはマスクを装着し、勇気を出して、きゃぶき町へ向かった。
JR新宿駅で降りると靖国通りを渡らないといけないので、西武新宿駅を利用することにした。
ちなみに、JR新宿駅の西口と東口、行き来がしやすくなったらしい。
ただの余談だ。

 

コピは、シーリングライトを買った後、ついでに新コロナ王の城へ向かった。
コロナ城は、城と言われればまぁ城だが、腕を組み歩く或る男女が、利用する部屋を光るパネルの中から選ぶホテルに酷似していた。
コピの手には酒造メーカーの高濃度アルコール。
新コロナ王にアルコールを浴びせて、やっつけるつもりだ。
入ってすぐ、チャラいホストに捕まった。
コピは、王様の元へと連れて行かれた。
「人間など私欲の塊だ、信じられぬ」と言う、新コロナ王。
「ですよね~」と意見を合わせにいくコピ。
「ふざけるな!」激怒する新コロナ王。

 

コピは落胆した。

 

「お前は処刑だ!」王の怒りは収まらない。
「ちょっと待ってくださいよ~。妹が結婚するんすよ~。このLEDシーリングライトを渡したいんです。それだけ、それだけお願いしますよ~」
「では、お前の代わりの人間を用意しろ」
「芹沢ティウ助という友人がいます」
「何だ!その名は!」
「本名なんです・・・」
「役所で戸籍謄本を取ってからこちらにくるようにLINEしろ」
「芹沢の本籍地は、九州なんですよ」
「じゃあ、住民票でいい!」
翌日、中野区役所に寄った芹沢がやって来た。

 

コピが芹沢に小声で伝える。
「人間不信の新コロナ王の心を揺さぶるために、わざと最終日に戻るのでよろしく」
「は?」
芹沢が渋々コピの身代わりとなった。
コピは、妹の結婚式をとり行なうため、王に3日後の23時までの猶予をもらった。
結婚式は身内だけで行った。
大人数になると、席をどうすべきか迷いが生じるからだ。
温泉宿泊施設の結婚式場を選んだ。
参加者は温泉にゆっくり浸かり、泊まることができる。

 

コピは激怒した。

 

料理が美味しくない。
温泉が今一つ。
部屋の眺望が良くない。
しかも、妹の旦那は声が小さく頼りない・・・。
朝食バイキングを食べたあと、コピは芹沢の元へと急いだ。

 

もうすぐ、きゃぶき町の城だが、コピに不運が訪れる。
接客を伴う飲食店の料金が、なんと半額になっている。
足止めを余儀なくされた。
あの政治家は、やっぱり、欲望という名の川の氾濫が止められなかったのだろうか?などと考える。
店を出てすぐに、また新たな客引きが現れる。
心身ともに疲労困憊して倒れ込み、一度は城へ戻ることを諦めかけた。
芹沢を裏切って逃げようか、とも思う。
コンビニで栄養ドリンクを購入。
「あ、袋はいりません」
エネルギーをチャージし、約束を守ることにする。
やっとの思いで城に到着した。

 

まさか戻ってくるとは思っていなかった王様が驚いている。
コピは、処刑されそうな芹沢に近づき言った。
「接客を伴う飲食店の料金が半額だったからハシゴしちゃった。もう歩けないよ」
芹沢は激怒した。激怒して叫んだ。
「走れ!エロス!」
2人は抱き合って号泣した。
その姿を見た新コロナ王は呟く。
「素敵やん・・・」と。

 

感動した王様は、処刑を取りやめた。
「2人で旅行にでも行ってこい」
旅行代金の半分程度をクーポン券で補填してくれる新コロナ王。
「ただし、最大2万円な」
王様の粋な計らいに、きゃぶき町の人々が歓喜の声をあげる。
「万歳、王様万歳!」
ひとりのキャバ嬢が、紺のジャケットをコピに捧げた。
コピは、まごついた。
芹沢は、気をきかせてコピに教えてやった。
「コピ、君は、真っ裸じゃないか。早くそのジャケットを着るがいい。この可愛い嬢は、コピの裸体を、皆に見られるのが、たまらなく口惜しいのだ」
勇者は、ひどく赤面した。
彼女は微笑み、口角は上がっている。
コピがキャバ嬢に言う。

 

俺は服を着るから、あんたはマスクをしろ!

 

f:id:copinoheya:20200722222950j:plain

 

このおはなしはフィクションです。
実在の人物や小説や団体などとは関係ありません。