コピの部屋

好きなもの・人に対しての想ひを語ってみます。お子様ランチ記事を目指します!

奥さんへ贈るラブソングを見せられて・・・

f:id:copinoheya:20200428181235j:plain

バースデーケーキはチーズケーキにして欲しい男、コピでございます。
お読み頂き、有難うございます。

高級店でなくて大丈夫です。
銀座コージーコーナーのやつ?
いいですよ。
でも、あそこのチーズケーキじゃないですよ、スフレですよ。
いえいえ。ちょっと違うんですよね。
・・・。
失礼しました。

 

本日は、菓子じゃなく、歌詞の話です。

 

「コピ君!俺の歌詞見てくれる?」
いきなり言われて断れる人いますか?
「・・・はい。いいですよ」

 

曲はある程度の流れが決まっている
歌詞は自由度が高い
センスが出るのは歌詞だよね

そんな話を(偉そうに)会社の後輩にしていた過去があります。
若気の至りです。
確か、2か月くらい前です。

 

昔、バンドをやっていた同じ会社の先輩 知人(知人ということにしておいてください)が奥様の為に、歌を作ったらしいのです。
奥様が誕生日のようですね。
曲の方の自信はあるけど歌詞がちょっとね、ということでお声がけ頂いたようです。
別に僕は、歌詞の評論家じゃないのですが・・・2か月前の話を聞かれたか?

 

依頼を受け、僕のですね、心の声が溢れそうですよ。
奥さんの誕生日に歌、って・・・。プププ
もらった奥さんはどんな顔をするんだろう。フフ
多分、モノの方が喜ぶんじゃないかな?
「歌詞気にするより、菓子買ってこい!」
そんな感じで怒られたら可哀想・・・。プププ

 

「ど、どんな歌詞ですか?」 ←笑いをこらえてる
「これ・・・どう」
菓子を 歌詞をここに広げたいのですが、著作権等の問題があるので控えます。
箇条書きにします。

 

・長い時間2人で過ごした
・君への想いは変わらない
・この愛は海より深いし空より広い
・離れていても気持ちは変わらない
・この歌を君に捧ぐ

 

まぁ、こんな感じです。
一言でいうと「奥様への忖度ソング」です。
付き合って2~3か月目だったら、ひょっとするとひょっとしますか、ね。
結婚して、8年くらいだったと思います。そのご夫妻。
ま、まぁ、いつまでもラブラブのご夫婦もいます、し。(笑ってないですよ)

 

「コピ君、どうかな?」
どうかな?と言われても、普通という2文字しか思い浮かびません。
「あ、愛を表現する歌は、む、難しいでぇすからね」
このあと、僕はどうしたでしょう!

  大丈夫!と言う
  添削する

 

シンキングタイム!

 

 

 

正解を発表します。

 

A 大丈夫!と言う
でした。

 

「そう・・・」不満そうな知人は、歌詞の話をしていた後輩に声を掛けました。
本当は、ちょっとだけ 直して欲しかったんでしょうね。
「この歌詞どう?」作者を出さずに見せたようです。
「一般的っすね」

 

知人が僕のところへ戻ってきました。
「もっと、ちゃんと見てよ」
別にどんな歌詞だろうと、夫婦の仲は変わらないのだからスルーしたのに・・・。
仕方が無いので、(おこがましいですが)アドバイスさせて頂きました。

 

まず、出だしに情景が欲しいと伝えました。
歌詞は全面的に「君を愛してる」ばっかりで、情景がありません。
プロ代表のミスチルの歌詞を調べます。
適当な知らない曲を選びました。
出だしがこうです。
『風の匂いもいつしか 秋のものになってた
 カーディガンを着た君の 背中見てそう思う』
ほら、これだけで、情景やら関係性なんかがイメージできますよ。
知人の元の歌詞に「この愛はより深い」とあったので、海を見つめ語らう2人の感じが良いとアドバイスしました。
また、歌詞に抑揚が無いのは良くないのでは?と伝えました。
キレイすぎる詞に、奥さんを傷つけたとか、迷惑かけた、みたいなマイナス要素を入れ、「最後には君の元へ戻るよ」そんな感じに。
海がイメージなので、港に帰ってくる船の歌にするようにとアドバイス。
・・・。

 

f:id:copinoheya:20200428212819j:plain

 

結果をお伝えします。
奥様への生温いラブソングが、尾崎豊さんの『シェリー』と鳥羽一郎さんの演歌テイストが入った歌詞になりました。
知人は喜んでいました。

・・・良かったです。

 

奥様へお願いです。
そんな可愛らしい旦那さんと一生仲良く暮らしてください!

 

本日は以上です。
お読み頂き、有難うございました。