コピの部屋

好きなもの・人に対しての想ひを語ってみます。お子様ランチ記事を目指します!

車の運転が下手な人は『左折』でわかる

車3つで轟(とどろき)は知っていたが、車4つで𨏿(こう)は知らなかった男、コピでございます。
お読み頂き、有難うございます。

 

突然ですが・・・。

被害には2種類あると思うんです。
どうしようもないものと避けられるもの。
例えば、通り魔などはどうしようもない被害だと思います。
普段から意識して「武器に対抗できる格闘技を習う」とか「服の中に少年ジャンプを入れておく」とか、現実的じゃないですね。
避けられる被害の例は、空き巣ですね。
これは事前にある程度の対応が可能(だと思います)。
「施錠を怠らない」「家に人がいるような雰囲気を出す」「近所で声を掛け合う」など。

本日取り上げたいのが、あおり運転です。
果たして、このあおり運転の被害は、通り魔パターンか?空き巣パターンか?
・・・。
まぁ、どちらもあると思います。

通り魔的なあおり運転

f:id:copinoheya:20200325115552j:plain

これは、どう考えても通り魔パターンです。
では、あおってくる人間は、全てこの男のようなタイプなのでしょうか?

例えば、自宅の玄関ドアの外側に、100万円の束を貼っておくとしましょう。
目立つように。
恐らく、ずっとそのまま貼ってある、なんてことは無いでしょうね。
その札束を持って行った犯人は、元から泥棒なのか?ということです。
そこに札束が無ければ、魔が差すことも無かったかも知れません。

つまり、何かの行動によって、犯罪を誘発する可能性があるのではないでしょうか?

 

車の運転って、結構ストレスが溜まります。
年寄りや子どもが道に飛び出すし、信号が点滅してるのに渡り始めるし、自転車はフラフラ走るし・・・。
そんな中、運転が下手くそな車が走っていたらどうでしょう。
「お前!ふざけんな!!」とあおられそうじゃないですか?

 

スミマセン。
ここ、大事なので、冷静にお読み頂いてもいいですか?

もちろん、あおり運転をする人間が悪いに決まっていますが、あおられる方に全く問題が無かったのか?
今一度、考えようではありませんか。
被害者意識たっぷりで現実に背を向けてはいけません。
あなたの下手くそな運転が、あおりを誘発しているかも知れません。

 

本当はですね「あおり誘発チェック!」とたくさんの項目を設けた、読者様参加型記事にしようとしたのですが、さっと読み流されて終わる気がしたので、一つの項目に絞ってみますね。

 

運転が下手な人はイライラされます

 

運転が下手と言うと「車庫入れ」「縦列駐車」などの車を動かすテクニックをイメージされると思います。
いえいえ。
あくまで、通常の運転時に下手くそなんですね。
「くそ」は良くないですね。「下手っぴ」にしましょう。

SAZAC(サザック) 着ぐるみCAP けろけろけろっぴ

SAZAC(サザック) 着ぐるみCAP けろけろけろっぴ

  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 

下手っぴ運転の人・・・左折を見れば分かります。
「左折時に出てしまう」と言い換えても良いでしょうね。
以下の項目で気になるものがあれば、あおり誘発予備軍かも知れません。
気を付けて運転しましょう!
では参ります。

 

【左折と挫折に注意!】

 

 

え?その車にウインカー無いの?

ウインカーをギリギリに出す車が多いです。
ウインカーは何かのおまじないじゃ無いです。
後続車や横をすり抜けようとする原付や自転車へのお知らせです。
「私、左折します」
恥ずかしがらずに出しましょう。
逆に、早く出し過ぎる車も混乱を招きます。
「そこで曲がるんじゃないんかい!」
教習所で習った通りのタイミングで出しましょう。

 

え?その車はダンプカーなの?

普通車が左折します。
曲がる前に、一度右に振ってから左折する人がいます。
そこまでしないと曲がれないような車には思えません。
ここでの問題は2つ。
車両感覚が掴めていないことと、右に振った時に左側にスペースが空くことです。
曖昧な車両感覚のドライバーが、鉄の塊を動かしていると思うと恐怖です。
もう一度教習所に行くか、免許を返納して欲しいです。
そして、左側のスペースをバイクや原付が通ってしまう可能性があります。
「僕、左折します」
恥ずかしがらずにアピールしましょう。
膨らんでの左折(2車線の場合)は、お隣車線の走行中の車にも迷惑をかけます。

 

え?その車は直進車の邪魔をしているの?

こちらをご覧ください。

f:id:copinoheya:20200325120602j:plain

このような車線ありますね。
直進車と左折車が同じ車線です。(パトカーが走っている車線)
道幅などにもよりますが、左折時に車がピッタリ横断歩道前で止まると、直進車は問題無く進めます。
随分と手前で止まり、なんなら直進車を妨害する車がいます。
黄色いラインを越えると道交法違反ですから、じっと待つ直進車。
「後続車を気にしろよ!下手っぴ!」と思われます。

 

え?左折の時に幽霊が見えるの?

僕が一番問題だと思っているのが、この項目です。
よくあるのが「ノロノロ走れば安全である」という考えです。
じゃあ高速道路を一生走らないでください、と言いたいですね。
安全を確認する為の一定時間は必要ですが、それ以上は時間の無駄遣いです。

なぜ、そんなに時間がかかるのでしょう?
まさか、僕は見えないけど、人が通っている・・・とか。
ゆ、幽霊!?

冗談はさておき。
左折が遅い人は、周りの状況を見ていない が特徴です。

 

次の交差点で左折しようとしますね。
曲がる前から、確認作業が始まっていないとおかしいです。
もっと言えば、曲がる曲がらない関係無く、周りを確認しなければなりません。
ルームミラーをちゃんと見てますか?
後ろの車との車間距離や猛スピードのバイクがやって来ていないのかを確認しましょうね。
トヨタのあの車種は、素行が悪い人間が乗っていることが多いから注意するんですよ。
前の信号ばかり見てないで、歩行者信号も確認すべきです。
いよいよ、左折です。
事前に左サイドにバイク・原付・自転車がいないか確認しておきます。
ウインカーを出して「左折するからな!」とアピールします。
巻き込みが無いように、車を左に寄せましょう。
渡ろうとしている歩行者はいませんか?
いないのであれば、飛び出しにすぐ対応できる気持ちを持って、横断歩道を通過します。

 

下手っぴ運転の場合、左折し始めてから確認するんですよね。
止まって、左右を見て、もう一度見て、自分が安心してから通過します。
だから、遅いんです。そして危険でもあります。
だって、きっと前しか見てないんですよ、その人。

 

まとめ

車を運転する時は、色んな事を確認する為に、目をいっぱい動かさなくてはなりません。
すごく疲れます。
でも、人の命を奪ってしまう凶器を動かしている訳ですから、緊張感を持って運転して欲しいです。

 

僕のイメージでは、あおられそうなドライバーは、大抵周りを見ていません。
周りを見ていないドライバーは、大抵左折が下手です。
原点に立ち戻って、安全運転について考えたいですね。
そして、無駄な交通事故、あおり運転を無くしたいです。

 

本日は、以上でございます。
お読み頂き、有難うございました。