コピの部屋

好きなもの・人に対しての想ひを語ってみます。お子様ランチ記事を目指します!

自己都合や感情で議論してはいけない

f:id:copinoheya:20191213223535j:plain

子どもをエアガンで撃つ親は「10分に1回、一生エアガンで撃たれる刑にすればいい」と思っている男、コピでございます。
お読み頂き、有難うございます。

 

卑劣なニュースに対して、やはり感情的になってしまいます。
そんな時ほど、冷静にならないといけません。
「目には目を歯には歯を」という考えは、良くないかもしれません。
極刑を望むのも、感情的になっているから、かも。
こんな時こそ、冷静に・・・。
罪を償うのに、人の役に立つ方が良いですね。
だから、発電させるのはどうでしょうか?
一生、自転車を漕いで発電をし、罪を償いましょう。
もちろん、自転車から降りることは許されません。
トイレや食事も自転車に乗って、です。
罪人の人権ですか?
知りませんよ、そんなこと・・・。
何か、冷静な方が、えげつない気がします。

 

話が大きく変わります。

ある行動で、女性がとても魅力的に見えることがあります。
それは、冷静な会話です。
論理的に話す女性に対して「素敵だなぁ~」と思います。

 

女性と男の脳構造は違うらしいですね。
男が会話をするのは、結果を求める為です。
答えが出るまで話そうとします。
一方女性は、話すこと自体が目的で内容は気にしません。
話すことがストレス発散になっているようです。
井戸端会議が好きなのは、そういった理由でしょう。

 

理路整然と話す女性は、スゴイと思います。
男だって、キチンと論理的に話せる人間は少ないのに・・・。
女性を馬鹿にしている訳じゃないです。
男女問わず、そういう人の話は、説得力がある!ということです。

 

僕が読んでいるブログ界隈でも、そういった女性ブロガーさんがいらっしゃいます。
今日は、その方を持ち上げる記事でもないので、お名前は伏せます。
その方も、独自路線を進まれているので、取り上げることを望まれてはいないでしょう。

 

すみませんでした。
前置きが長かったですね。
本題です。
話し合いや議論では、冷静でいなければなりませんね。
そして、論理的であることが望ましいです。

 

冷静な女性ブロガーさんが、僕の考えと真逆のことを記事にされていました。
普通であれば、対抗心?反発?否定?まぁ、そのような感情が芽生えても良さそうです。
全く、そんな気が起こりませんでした。
論理的な内容だったからだと思います。
元の考え方は違えど、そのように考えるのは理解が出来るからです。

 

まぁ、NHKについて・・・何ですけど。

 

僕は、あの団体を一度解体した方が良いと考えています。
受信料を払わないといけないの?って思います。

 

自身がNHKを見ていないとか、払いたくないとか、そういった理由では無いです。
本当に必要であれば、国営放送にすれば良いと思っています。
税金を投入すべきでしょう。この放送局が必要なのが前提ですが。

 

回収できた分の受信料をこねくり回す経営をするから良くないと思います。
人件費(他社へ依頼にて)が結構かかる回収の仕方ですよね。
そして、後から難癖をつけて収入を増やそうとする手法も、ズルいと感じます。
最初はテレビ本体だけだったのに、カーナビやスマホなど、テレビ放送を見れる機械を持っていれば受信料を払え!とは。

 

僕が問題視したいのは、受信料回収の手法です。
法律で決まっていて、本当に必要であれば、受信料を絶対に取り損ねてはいけません。
その為には、視聴出来る機械の販売時が、回収のチャンスでしょう。
テレビが耐用年数10年だとして、月3000円(←暫定金額です)の受信料を先に徴収したいですね。
まぁ、テレビ本体+36万円になりますけど。
各世帯を回って、機械の所持を確認して、そこから回収する動きをするより、はるかに効率的です。
そうしないのは、NHKに後ろめたさがあるのだと勘ぐってしまいます。

 

皆さんから集めた受信料は、皆さんの望むものに使われているのか?にも、疑問があります。
朝ドラや大河ドラマは、制作にかなりお金が掛かっていると思います。
「みんなで筋肉体操」だけ見たい人には、割が合わないでしょうね。
だから、国営にして欲しいです。
「税金投入なんてあり得ない」と非難を受けそうですが・・・。
割り振られた税金から番組を作るのであれば、もっとちゃんと使うと思います。

 

バラエティ色が強い番組やドラマなんかは、必要無いでしょうね。
偏向がないニュースと国会中継だけで、良いんじゃないですか?
放送していない時間帯は、カラーバー(古!)で。
災害などの緊急事態には、24時間放送で対応すれば税金投入の意味がありそうです。
テレビを所持していない人も、なにとぞご了承頂きたいです。
何で、僕がそこまで、国民を気にしなければならないのでしょう・・・。

 

☆★☆

 

NHKの体制について、世間に問うような政党が出来たらいいなぁと思います。
冷静に論理的に説明すれば、「じゃあ、こうしましょう!」と建設的な意見が出るかも知れない。
そういうのを議論と呼ぶのだと思います。
論理的に物事を進める政党はないかなぁ?
まさか、一人の芸能人を潰すために、感情的に動いてしまう、そのような政党は存在しないですよね?

 

ご利用は計画的に
議論は論理的に

 

お読み頂き、有難うございました。

 

ぶっ壊す力

ぶっ壊す力

  • 作者:立花 孝志
  • 出版社/メーカー: repicbook (リピックブック)
  • 発売日: 2020/01/31
  • メディア: 単行本