コピの部屋

自分なりの解釈で想ひを語っています。少しの好き嫌いと空想癖があります。

話すことが苦手な方へ【7つのヒント】

f:id:copinoheya:20191125212423j:plain

僕の働いている会社は、会話をしないと成り立ちません。
営業する場面と接客する場面があります。
初対面の人と話す機会がある会社です。

 

求人の募集をしても空振りするケースが多い当社とはいえ、よくそんな奴とったなぁ~と思う人間がいます。
その人間のスキルをレーダーチャートで表すと、恐らくになります。

f:id:copinoheya:20191125212546p:plain

若者であれば、これから伸びていくでしょう。
その人間は、今後下降していくであろう年齢になっています。
物覚えも悪いし、報告はしないし、勝手な判断をするし・・・色々教えるのですが、素直さが無いんです。
変なプライドだけ持っていて。
前職は接客だと言っていますが、社員同士の会話もままなりません。
お客様との会話もあるので、会話については凄く注意します。
でも、何も変わりません。
「話し方教室にいけば?」そう思います。

 

折角だから、その人間に言ったことを記事にして会話が少し苦手で、且つ素直な人にお伝えすれば良いと考えました。
「でも、お高いんでしょ?」
「いいえ。無料です!」
「なんと!!」
そりゃそうです。
初歩的な事しか言ってませんから。

 

引っ張っても仕方が無いので、始めますよ。
「こうすれば良いですよ」というよりも「ここを理解しないとダメ」といった内容です。

 

キ~ン、コ~ン、カ~ン、コ~ン

 

何のために話すのでしょうか?

会話をする目的は何でしょうか?
そこが分かっていないと、先に進みません。
答えは簡単です。
「相手に伝えるためです」

逆の言い方をすれば、伝わりゃいいんです。
老夫婦の会話でありますよね。
「おい」「メシ」「風呂」「寝る」
言われた気分は置いておいて、伝わりはすると思います。
目的は達せられています。
いくらキレイな言葉を使ったところで、伝わらなければ意味がありません。
それが大事、というか、それしかない!です。

 

会話をしようとしていない

会話が苦手な人の特徴として、会話を避ける があります。
苦手なものを避けたいのは、誰でもそうだと思います。
会話は、聞いて・話しての繰り返しですから、非常に面倒です。
勘違いしちゃいけないのが「伝えるだけだから会話しなくて良い」と思うことです。
伝えると伝わるは違います。
こちらが一方的に言ったことが伝わっていると思うなら、それは驕りです。
相手の表情や反応を見て、伝わっているのかを確認しなければなりません。
話している最中にも確認作業が必要です。
話し終えてから不明点を聞いていたのでは、時間が掛かります。
伝えることを小分けにして、一つ一つ伝える丁寧さが必要です。
その為には、相手の返事をもらう話し方が望ましく、効率的でしょう。

 

曖昧な表現が多い

会話のテクニックとして、曖昧に表現することもあります。
テクニックを駆使できる人は、トーク力がある人です。
会話に自信が無い人ほど、物事をはっきり伝えましょう。
自身の無い人は、はっきり言ってしまうと失礼だ!と考えがちなんですね。
曖昧にしようとするあまり、声も小さくなってしまう。
「は?」とか「何か言いたい?」と言われませんか?
伝わらない方が失礼だと思って、キチンと言いましょう。

 

話す順番が間違っている

これも会話が苦手な人にありがちなことです。
これはきっと、話が上手な人を見て、真似をしているのだと思います。
上手な人は、小説を読むように、話をすることが出来ます。
それを見て、上手く話が出来るように、小説を作ろうとしてしまうんです。
これは、間違いです。
話し始めから終わりまで、しっかり順番を決めていないのが、トーク力がある人の特徴です。
伝えたいことが3つあれば、それを上手に繋いで、間に相手への確認作業も入れつつ話をします。
結果的に、流れるような話であっても、作りこまれたモノではありません。
決まりがあった方が話しにくいですし・・・。
順番なんて無いのに、自分で決めた構成に縛られています。
会話は、自分で考えた話の構成を発表する場では無いのです。
何度も言いますが、相手に伝わればいいんです。
「本日12時に弊社へご連絡を頂戴しました山田商事の田中部長から先程お電話がありまして、そのお昼にお話しした会う約束の時間を1時間あとにずらしたいと言っていて、確認して欲しいそうです。」
活字で表すと何か凄いんですが、こんな感じで話す人が存在します。
ん?誰が誰に何をするの?もう一度、聞かないと分かりません。
会話が苦手な人は、起こったことを起こった順番で話す傾向があります。
伝わりやすい順番とは違います。
「山田商事の田中部長から電話がありました」
「なぁに?」
「お昼に話した合う約束の時間を1時間遅らせて欲しいそうです」
「大丈夫だよ」
「じゃあ、田中部長に連絡入れておきます」
話す順番は、大切なモノからです。
①誰が、②どうして、③どうする・・・その間に必ず確認作業です。
足りていない部分は、後で加えれば良いのです。

 

無駄なワードが多い

先程の例題でもあるように、伝わりにくい理由の一つが、無駄なワード です。
何が言いたいの?と言われるのは、大事なワードが無駄なワードで見えなくなっているからです。
伝わればいい、のですが、言えばいいとは違います。
伝えるワードは、シンプルが良いでしょう。
中には、語彙力を付けて、会話に取り組もうとする人がいますが、逆でしょうね。
どの言葉が一番相手に伝わるかを考え、そのチョイスを勉強するのが先です。
語彙力は話を盛り上げるツールです。
社内の会話では、あまり必要が無いでしょうね。

 

話の内容と同じくらい抑揚や間が大事

「犬がブワ~っと寄ってきかたら、バ~っと走って逃げた」
小学生並みの表現ですが、気持ちは伝わると思います。
伝えることが最重要と考えると、表現の仕方が大切です。
声の大小や抑揚、間なども大事になります。
「嫌いなんです」と「嫌いなんですぅ~」は、別の言葉くらい違います。
うまく言葉が出ない時は、表現力でカバーしましょう。

 

相手の脳へのアプローチ

会話は結局のところ、相手の脳へイメージを植え付ける作業です。
「青色の猫型ロボット」と言えば良いか「ドラえもん」と言えば良いかは、相手次第になります。
性別・年齢・知識などによって、伝わりやすいものが違います。
会話について悩む人にとって、それを瞬時に判断することは、難しいと思います。
だから、試行錯誤をして、経験を積みます。
言ったことがちゃんと伝わったのかを確認し、不完全であればキチンと反省する。
それの繰り返しです。
別のトレーニングとして、自分なら何と言われたいかを考えます。
周りの人間全て、話が上手では無いと思います。
「この人の言ってることは、分かりにくい」そんなこともあるでしょう。
その時に、私ならこう言われたら理解出来る!を考えるのです。
そのイメージ力は、他者に説明する時に、必ず生きてくると思います。

 

まとめ

話し方系のブログが数多くありましたが、苦手な人の気持ちに寄り添った記事に出会えませんでした。
僕は、勤め始めて「何を言っているか分からない?」と何度も言われた人間です。
分からないのは、聞き手が悪いから・・・と人のせいにしていました。
給与に直結する営業会社に入り「このままじゃマズい」と一念発起して自分なりに会話の勉強をしました。
自分の言ったことが、相手にキチンと伝わる感覚を味わえたら、会話が楽しくなります。

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです。
お読み頂き、有難うございました。