コピの部屋

自分なりの解釈で想ひを語っています。少しの好き嫌いと空想癖があります。

部屋とYシャツとストーカー【本当にあった歪んだ恋のはなし】

 

まだ、部屋の明かりが点かない。
今日は帰りが遅いね。
俺は、窓が見えるこの場所で、いつものように君の帰りを待つ。

f:id:copinoheya:20191122222722j:plain

長い髪と高いハイヒールは、小柄な細身の体を隠す、迷彩アイテム。
濃いメイクをして、香水の香りがする若い女。
清楚とは真逆、きっと学生時代から遊んでいる軽い女。
それが、里紗に対する第一印象だった。
4歳年下の彼女が、俺の会社に入ってきたんだ。
正直、かなり苦手なタイプ。
男に媚を売る目つきをしたかと思えば、見下したりする。
高級ブランド品で武装して、見えもしない敵を意識しているのが、俺にはわかる。
水商売のかさぶたをつけたままなのかも知れない。

 

俺は、賃貸マンションの管理会社に勤めている。
里紗は、管理しているマンションに住んでいる入居者だった。
更新手続きで来店した時に、うちの会社の求人募集を知ったそうだ。
それを聞き、感じたのは、仕事探しに対する怠惰な部分だ。
適当に決めた会社の従業員の俺。
何だよ、それ。
やはり、この女は気に入らない。

 

里紗が、この会社に入って半年が経ったある日。
いつものように、会社の仲間と飲みにいった。
座敷の居酒屋で、男女7人。
今日は珍しく、恋愛の話になった。
里紗は、同じ地元の男と同棲していること、結婚しようとしていたこと、その男と別れそうなことを話していた。
それを聞いた俺は「一人暮らし用の部屋で同棲するなよ。しかも自社が管理しているマンションじゃないか」とイラついた。
俺が嫌いな恋愛の話題ということもあり、酒のピッチが上がった。
かなり酔いが回っていた。
座っていても、フラフラする。
後方に倒れていく瞬間、小間使いのように酒を運ぶ里紗とぶつかった。
俺のYシャツに、ビールとウーロンハイが染み込んでいく。
「ごめんなさい!すみません!」
里紗は謝りながら、俺の肩のあたりを拭いている。
俺は、濡らされたシャツなんて、どうでも良かった。
彼女が近くに来てわかったのだが、俺が好きな香りをつけていた。
香水と、口紅の色、俺の好み。
なぜ、好みを知っているのかは分からない。
帰りは、方向が同じという理由で、里紗と同じタクシーだった。
タクシーを降りた記憶、玄関の鍵を回す記憶は残っている。
Yシャツを着たまま、ベッドの感触と共に眠りにつく。
里紗は俺に気がある、と確信したのは、翌朝目覚めて少ししてからだ。

f:id:copinoheya:20191122223132j:plain

部屋の明かりは、まだ点かない。
さっき、変な目つきをしたサラリーマンが、俺の横を通っていった。
守るものが無い人間は、お気楽だ。
君を守れるのは、俺しかいない。
俺は、彼女が助けを求めた日のことを、思い出していた。

f:id:copinoheya:20191122222722j:plain

里紗が、俺に気持ちがあるとわかってから、色々考えたんだ。
彼女の想いに応えることが、今俺がするべきことなのではないかと。
でも、職場も、飲みの席も、彼女との関係は変わらなかった。
彼氏と別れたばかりだし、いきなり別の男、それもないだろう。
俺ができるのは、きっかけを作ること。
今日は、俺の28回目の誕生日。
里紗には「いつものメンバーで飲みに行くよ」と言ってあった。
会社の連中には、俺と里紗が二人で会うことが知れ渡っている。
誰も邪魔はできない。
お膳立ては面倒だけど、少し楽しくもある。
こうでもしないと、二人きりになれないのだから。
洒落た店で二人、軽く飲む。
みんなを待つ里紗だが、他のメンバーが来れないと伝えると、帰ろうとした。
女の気持ちはわからない。
必死で、帰ることだけは、思いとどまらせた。
里紗は、男を振り回すタイプの女と知ってはいるが、骨が折れる。
落ち着いて、また飲み始めた。
他愛のない話の中、俺の胸を刺すような言葉が、彼女の口から発せられた。
「私、また彼と付き合っていますよ」
信じられない、全く信じられない。
その男に何か脅されているのか聞いてみるが、彼女は否定する。
事情はわからないが、何かあるのだけは、感じる。
感じることができるんだ。
あとの計画を考えるために、早めに切り上げることにした。
こんな屈辱的な誕生日は、初めてだった。

f:id:copinoheya:20191122223712j:plain

秋は過ごしやすい季節と言うけれど、夜はかなり冷える。
コンビニで、温かいコーヒーを買う。
いつもの場所に戻るが、部屋は暗いままだ。
刑事の張り込みをイメージさせるが、彼女は犯人ではない。
刑事と同じなのは、正義感を持って、ここに立っているということ。
ふと思い出すのは、悲しみに満ちた彼女の表情、その日のこと。

f:id:copinoheya:20191122222722j:plain

里紗は、自宅の玄関先で激怒した。
感謝ではなく、激怒だ。
しつこく付きまとわないように、俺が元カレに警告してやった。
何が気に入らないのか。
恐らく、俺のやり方に不満があったのだろう。
彼女相手に、自分の手を汚した話をしたくはない。
だから、簡単に、軽く説明するようにした。
里紗に、元カレだったその男に対してのことを三つだけ伝えた。
俺の女に近づくと災いが起こると、直接男に伝えたこと。
満員電車に乗ったその男が、俺の目の前で、痴漢で捕まったこと。
男が働いている会社に、痴漢の件で報告の連絡を入れたこと。
「里紗に近づくと罰を受けると、理解させるために・・・」
里紗は、話しを途中で遮った。
これ以上は、話して欲しくないのだと理解した。
俺も少し辛い思いをしたし、好きになった男が汚れていくのは、彼女も嫌だろう。
冷静になった俺は、泣いている彼女を一人にしてあげることにした。
自室に帰り、里紗の気持ちが俺だけに向かう感覚を楽しんだ。

 

次の日。
里紗は、会社を休んだ。
泣かせてしまったことは気になったが、それよりも、前の男の報復が怖かった。
俺が彼女を守る。
俺しか彼女を守れない。
そして、守るためには、俺が彼女の住まいを見守る必要があった。

 

あの日から、里紗の部屋の窓に明かりが点くまで、俺は待っている。
そっと、待っているんだ。

f:id:copinoheya:20191122224121j:plain

会社を休んでいた彼女が出社してきた。
無事なことは、勿論知っている。
俺と目を合わせようとはしなかった。
里紗にとって、今は生活が変わろうとしているデリケートな時期。
戸惑う気持ちは、よくわかる。
包むように見つめる。

 

ある日のことだった。
いつもの場所で、里紗の部屋を見上げた。
珍しく明かりが点いていた。
少し鼓動が早まる。
「まさか?」
俺の脳みそをあいつの影が覆った。
軽いめまいがあったが、たじろいでいる場合ではない。
彼女の部屋に電話をかけた。
留守電になり、部屋に変わった様子はなかった。
しばらくして、電気の点けっぱなしという、つまらない理由に胸を撫で下ろした。
次の日から、部屋に明かりが灯ると、電話をかけるという作業が追加された。

 

最初は、一言二言会話をしたが、そのうちに電話に出なくなるようになった。
それでも、俺は満足していた。
部屋の電話が鳴ると窓を開けて、里紗が周りを見渡すからだ。
声ではなく、姿を見れた方がより安心だ。

 

里紗は、長期休暇の届けを出した。
実家に帰省するらしい。
お互い気を張る生活が続いていたから、彼女には感謝したい。
休んでから三日目の夜、裏切りの臭いを消すために、実家へ連絡を入れる。
里紗の母親が電話に出た。
俺は、彼女の仕事ぶりなどを伝え、丁寧に電話を切った。

f:id:copinoheya:20191122224432j:plain

部屋の明かりが灯った。
一日の中で、俺が一番安堵する瞬間だ。
相変わらず彼女は電話に出ないが、つながりは感じる。
俺は、彼女が一番幸せな日のことを思い出していた。

f:id:copinoheya:20191122222722j:plain

実家から戻った里紗は、俺と話がしたいと言った。
怒ったような声で、俺と一つになりたいと言ってきた。
突然で驚いたが、やっと素直になれたんだと感じた。
恋人同士がのぼる緩い階段は無かったが、それでいいんだろう。
君の望みなのだろう。
幸せに包まれている間、彼女は泣いていた。
こんなにも綺麗な涙を俺は見たことが無い。

 

数週間後、彼女は実家に帰ることにしたようだった。
精神的に辛いのは、見ていてわかる。
あの日以来、俺を避けるようになってしまった。
里紗は、里紗なりに考えるところがあったのだろう。
彼女を愛しているからこそ、自由に飛び立って欲しいと願っている。

f:id:copinoheya:20191122224709j:plain

~それから2か月後~
里紗は引っ越した。
寂しがり屋の君の為。
君の実家のそばに、住もうと考えている。
それまでは、君が住んでいたこの部屋に、俺が住むことにしようと思う。

 

君のためなら、何でもできるよ

 

f:id:copinoheya:20191122224827j:plain

少し脚色をして、ストーカー目線のお話にしましたが、ほぼ実話です。
実際の『俺(ストーカー)』は、本当に引っ越した後の、里紗の部屋に住み始めます。
『里紗』は仮名で、僕の昔の恋人です。
(同じ地元の元カレは、僕じゃない人です)
僕と付き合っている時も、実家にはストーカーからの電話があったようです。
お読み頂き、有難うございました。