コピの部屋

自分なりの解釈で想ひを語っています。少しの好き嫌いと空想癖があります。

小説を読むのと辞書で調べるの・・・どっちが先?

f:id:copinoheya:20191106223721j:plain

本を読むのが、あまり得意じゃないんですよね~。
星新一さんのショートショートが読めるギリギリの男、コピでございます。
お読み頂き、有難うございます。

 

読書なんて「ケッ!」と思っていましたが、年齢を重ね、本を読む重要性みたいなものが、少し分かってきました。
人生で経験出来ることなんて、ごくわずかで、その全てがドラマチックな訳じゃないです。
色んな人の経験や考えを知ることで、読んだ人の人生が豊かになる・・・読書にはそんな力があるのではないでしょうか?
と、悟ったようなことを言っても、僕は文章を読むのが苦手です。

 

そこで、僕は考えました!
速読術を習得すれば早く読めて良いのではないか!」と。
大胸筋を大きくする方法や電気工事士の資格対策など、ネットを調べれば何でも出てきますよね。
でも、速読術は出てこないんです・・・。
だから、速読の本を買うべきか迷いました。
よ~く考えると、速読って不思議じゃないですか?
聞いたこともないワードを見て、瞬時に何を指す言葉かを判断するんですよね。
もっと言うと、歴史の年表を見て、年号と出来事を記憶することが出来るの?と思います。
速読に向く本と向かない本があるのでしょうか?

 

☆★☆

 

www.mocharina.com

『ハンドメイド作家』のモカリーナさんが、メダカを飼い始めました。
癒し系の小物を制作する手先が器用なお方です。
今度、僕の好きな女優さんの顔を作ってくれないかなぁ~なんて思います。

 

話が逸れましたが、メダカの水槽に餌にもなる水草を入れると良いそうです。
その名前が「カモンバ」や「マツモ」です。
僕は最近、見たことが無いカタカナ文字が中々覚えられません。
たった、3~4文字なのですが・・・。
何とか関連付けて覚えようとしている最中です。
キチンと覚えないと速読に対応出来ないと思ったからです。
「モモンガ」や「マリモ」に見間違えたら、ストーリーがおかしくなりますからね。
そもそも水草が出てくる小説があるかは、不明です。

 

★☆★

 

記憶しにくいカタカナ名。
カタカナ名は、食べ物に多いですよね。
関連付けて覚えようとはするのですが、イメージと名前にギャップがあります。
(僕がそう思っているだけですが)
フランスのお菓子は、色々種類がありますよね。
「マカロン」とか「エクレア」ならパッと思いつきます。
でも、あれの名前が思い出せません。
あの、長方形で、うすい茶色で、真ん中が膨らんでいて、クッションのような感じのお菓子です。
名前は「フィナンシェ」でした。
クッションという名前で良くないですか?
クッションは英語なので、フランス語の「クッサン」でお願いします。
でも「クロワッサン」と間違えそうですね。
そもそも何ですか?「フィナンシェ」って?
フィラデルフィア(アメリカ)で作られたなら分かります。
でも、違うようです。
フィナンシェは、お金持ち・金融家という意味だそうです。
お菓子の色・形が金塊に似ていて、パリ証券取引所周辺の金融街から広がったから、フィナンシェ!
なるほど!英語で言うところの フィナンシャル(ファイナンシャル) なんですね。
な~んだ。分かりやすいですね。

 

・・・

 

ここまで、色々と印象付けないと覚えられなくなっています。

 

★☆★

 

小説を速読する前に、辞書を読み込んだ方が良いと感じました。
これからは、カタカナ語を頑張って覚えます!

 

皆さんも覚えましょうね。
先程のフランスのお菓子、覚えてますか?

f:id:copinoheya:20191106224618j:plain

「マドレーヌ」
是非、覚えてください!

 

今日はここまで。
有難うございました。