コピの部屋

自分なりの解釈で想ひを語っています。少しの好き嫌いと空想癖があります。

健康診断の体重測定対策 結果を求める減量方法

f:id:copinoheya:20191009213306j:plain

秋でございますね。
読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋・・・。
そして、食欲の秋。
更には、健診の秋。

 

涼しくなってきた時期に、行われないでしょうか?健康診断。
9月でしたか?
終わっちゃいました・・・。
じゃあ、止めましょうかね。
でも、一応聞いてください。

 

健康診断で気になるのは、やはり体重でしょう。
長期で減量の計画を練るのが望ましいのです。
でも、Xデーまで残り1か月でも、対策できると思います。
本日は、何をすれば体重が減るのか?という単純だけど奥が深い話です。

 

本日のカルテ

 

短期間の減量は体に悪い

良く言われている事です。
そんな事は、百も承知です。

 

無理のない程度の減量は、効果が薄く続きませんよね。
「1食だけ○○に変えましょう」とか「お米に○○をまぜて炊きましょう」とか。

 

そんなぬるいことなら、やらない方がマシです。
長い人生の中の、1か月ですよ。
頑張りなさいよ!と思います。

 

絶対!食事制限!!

ある程度、代謝する体であれば、食事より運動が良いでしょう。
そうではないから、体重が気になる訳で・・・。

 

今の食事量・食事内容が間違っているから、今の体なのです。
だから、食事制限です!
1時間歩いても、おにぎり1個分のカロリー消費です。
おにぎり1個を食べない方が、早いし簡単です。

 

炭水化物を抜く

炭水化物を摂らないようにしましょう。
簡単ですね。
と、言っても殆どの食材に入っています。
炭水化物の少ない物を選びましょう。
簡単に言えば、お肉だけ食べればいいです。
量は気にしなくても大丈夫です。たくさん食べましょう。
お肉のみ食べてください。
ご飯もお味噌汁もサラダも無しです。
飲むのは、水にしてください。
肉だけに飽きたら、自分で炭水化物量を調べて、数値の低い物を摂取してください。

 

おそらく、1週間後には良い結果がでます。
今まで行った、どのダイエットより、体重が減ったと感じるはずです。
もし、そうでない場合、食べているものが間違っている可能性が高いです。

 

めちゃくちゃお肉を食べているのに、空腹感に襲われていれば成功です。
お腹が空かないダイエットは、基本的に間違っている(効果が薄い)場合が多いです。

 

そして運動

運動は、時間がかかるし面倒ですよね。
食事制限で出てきた効果も、ある時期になるとピタッと止まります。
体が慣れてくるからです。
そんな時は、刺激を入れましょう。

 

体を動かします。
ウォーキングで良いと思います。
ただ、長時間(例えば2時間)のウォーキングは避けましょう。
体が、長時間動くために「栄養を溜めておかなければ」と思ってしまいます。
45分程度で、切り上げましょう。

 

本来は、有酸素運動とダイエットの相性は良くありません。
無酸素運動(筋トレ)で付けた筋肉があってこそのダイエットです。

 

ただ、体重を減らしたい人の多くが、普段、楽な姿勢で過ごしているケースが多いです。
歩くだけでも、使っていない筋肉に刺激を与える行為になります。
それが狙いです。
歩き慣れている人は走って、走り慣れている人は筋トレをしましょう。
大事なのは、刺激です。

 

まとめ

テレビなどで、糖質制限は体に悪い!などと言っていますよね。
じゃあ、食べ過ぎは体に悪くないのか?と思います。

 

ご紹介した方法は、あくまで短期間(概ね1か月)で終えて欲しい減量方法です。
成果が出たら、別の健康的な方法を選んで欲しいと思います。
『運動して、適量をバランスよく食べる』
やっぱり、これが王道ですよ。

 

自分の体や食べているものと向き合う時間も必要だと思います。

 

そうそう。
毎日(出来れば1日3回くらい)体重を測ってください。
効果を感じてなんぼ!のやり方ですから・・・。