コピの部屋

自分なりの解釈で想ひを語っています。少しの好き嫌いと空想癖があります。

将棋棋士の名言から学ぶ『人生に大切なこと』

f:id:copinoheya:20190814212533j:plain

勝負の世界に身を置く人がいる・・・

 

色々な競技・スポーツなどある中で、今日は「将棋」に注目してみます。
なぜか?
僕は、将棋が好きだからです。
指す※のも好きだし、見るのも好きです。
※将棋=指す、囲碁=打つ

 

でも、将棋って地味じゃないですか?
若い女性が指しているイメージは無いですね。

 

みんなで指しましょう!と言ってみても、駒の動かし方から覚えるのってしんどいです。よ~く、分かります。
今日は、棋士の名言を紹介して、少しでも将棋に興味を持って貰おうという趣向です。

f:id:copinoheya:20190814212812j:plain

プロの将棋の世界に少し触れます。
例えば、山田六段のように、◯段で呼びますね。この段位、棋士の今現在の強さと、関係しません。
高橋八段と阿部四段が戦ったら、必ず高橋さんが勝つとは限りません。
勝負事だからという話ではなく、昇段規定で長くプロ生活を続けていれば、ある程度の段位までいけるからです。(負けが多ければ引退もあります)
55歳の八段と25歳の四段の対局!は、よくあることです。
若い方が、頭の回転が速く、研究も沢山し、体力もあるので有利です。

 

将棋のプロ棋士は、四段以上です。
四段から九段まであり、タイトルを持っていれば、竜王とか名人などで呼ばれます。
三段から下は6級までは、奨励会という組織に属しています。プロの養成機関です。
ちなみに、アマチュア四段と奨励会の6級は、奨励会員の方が強いと思います。アマとプロは段位が統一されていません。
奨励会に入るのは、小・中学生です。
満21歳になるまでに初段、26歳になるまでにプロ(四段)にならないと、退会しなければならないので、早い段階で奨励会に入ります。
ただ、その奨励会に入ること自体、大変なのです。
各都道府県で一番強い小学生でも、奨励会に入れるかどうか?というレベルです。
簡単に言えば、天才しか奨励会に入れません。
天才同士が戦い、半年に2名のみがプロになれます。
本当に狭き門です。

 

いかにプロ棋士が凄いか、ご理解頂けましたでしょうか。

f:id:copinoheya:20190814212714j:plain

そして、プロになった後でも、酷だと思うことがあります。
「感想戦」です。
対局後に開始から終局まで、又は一部を再現し、対局中の着手の善悪や、その局面における最善手などを検討します。
必ず行います。
当たり前ですが、負けた人間がいて、敗者は対局直後に自分の悪かった手(悪かった考え)をさらさなければなりません。
長時間の対局で、朝方に対局が終わっても、感想戦は行われます。

 

☆★☆★☆

 

そんな厳しい世界に身を置く勝負師の言葉には、人生のヒントが隠れています。
すぐにご紹介したいのですが、お待ちください。
みなさんは、将棋の棋士名をご存知ですか?
恥ずかしながら僕は、本格的に将棋を始めた時、羽生善治さんと米長邦雄さんしか知りませんでした。
米長さんは、将棋の入門書で知りました。
みなさんはどうでしょうか?
最近は、藤井聡太君が注目されていて、師匠の杉本さんがテレビに出ていますね。
でも、現役のプロ棋士は160名程度います。
そう考えると、知らない棋士が多いのではないでしょうか?

 

将棋と言えば、羽生さん。
将棋界で一番有名な人物と言っても、過言ではないでしょう。
羽生さんの名言は沢山ありますが、ここはコピの部屋です。
有名な人は、あえてずらします。


本日は、5人の棋士の名言をご紹介したいと思います。

f:id:copinoheya:20190814212659j:plain

羽生世代と呼ばれる人たちがいます。
呼ぶ側は簡単ですが、一括りにされる棋士は悔しい思いをしていると思います。
その羽生世代の棋士の言葉から、まず紹介したいと思います。

 

森内俊之

小学生時代から、羽生さんのライバルであった森内さん。一番羽生さんと比べられた人物かも知れません。
同じ年の羽生さんが次々とタイトルを獲得し、前人未到のタイトル完全制覇(当時)を成し遂げます。
ライバルの背中が遠くへ行ってしまいますが、腐らず自分の道を着実に歩んでいきます。
2002年に念願の初タイトル・名人位を獲得すると、通算5期獲得すると得られる称号・永世名人を羽生さんより先に得ます。
森内さんのおすすめ名言はこちら・・・

将棋を100とすれば、普通の棋士が理解しているのは7か8くらい。それに対して羽生さんは9か10は理解している。これは凄い差なのです。

 

将棋の奥深さと自分と他の棋士、ライバル羽生さんを表した言葉です。
人生で自分を高めてくれるライバルは必要だと考えさせられます。

ちなみに、森内さんの趣味は、クイズ、チェス、麻雀、マジック、スポーツ観戦です。
なんと!アタック25に出演したことがあります。
トランプもお好きと聞きました。全てのカードの行き場を覚えてしまうので、あまり負けないそうです。

 

佐藤康光

現在、将棋連盟会長の康光さんも羽生世代の一人です。
奨励会二段の頃、島さん(プロ棋士)主宰の研究会に、先程の森内さんと共に参加し、腕を磨きました。
若手時代から「緻密流」と称される読みの深さで知られていて、「1秒間に1億と3手読む」と形容されていました。
当時、消費税3%が導入されたから、洒落で+3手なのだと思います。
康光さんのおすすめ名言はこちら・・・

前に進むことだけが決断の良さではない。

 

将棋は王将を取るゲームで、攻撃に目が行きがちです。
でも、時には守ることも考えなくてはなりません。
更には、立ち止まることだって必要だと思います。
がむしゃらに前に進むことの危険性を表した言葉だと解釈しました。

ちなみに、康光さんの特技はバイオリンで、趣味はゴルフです。
パンのときでも必ず食べるほどの納豆好きで、納豆をデザートだと思っているらしいです。
奥様が特製ドリンクを作って、対局時に持たせてくれます。

 

木村一基

羽生世代よりは、少しだけ下の世代です。
棋風は、受けが非常に得意で、相手の攻撃の芽を全て潰していきます。
故に「千駄ヶ谷の受け師」という異名がついています。
※千駄ヶ谷は東京将棋会館がある場所
木村さんの将棋解説は、丁寧で分かりやすく、たまに毒舌を交え面白くしてくれます。
サービス精神旺盛な人なのです。
タイトル戦に何度も挑戦しますが、未だ獲得したことがありません。
※現在、王位というタイトルに挑んでいます
木村さんのおすすめ名言はこちら・・・

負けと知りつつ、目を覆うような手を指して頑張ることは結構辛く、抵抗がある。でも、その気持ちをなくしてしまったら、きっと坂道を転げ落ちるかのように、転落していくんだろう。

 

敗戦後、木村さんの悔し涙を何度も見ました。
その時の心境は、この言葉が表しているのだと思います。
人生でも、分かれ道があった時、楽な方へと流れてしまうところ、しっかり踏ん張らなければならないと考えさせられます。

ちなみに、木村さんの趣味は昼寝です。あと、お酒が好きです。
同じ年で親友の行方八段もお酒が好きですが、結婚してから飲む量が減りました。
以前、木村さんがタイトル戦で敗れて、行方(なめかた)さんに言った一言も心にくるものがあります。

「なめちゃん、俺弱かった?」

 

 

瀬川晶司

羽生さんと同じ年に生まれた、少し変わった方を紹介します。
瀬川さんは、26歳の時に奨励会を退会しました。年齢制限です。
神奈川大学法学部(二部)に入学・卒業して、NECの関連会社に勤めます。
二度と将棋を指さないつもりだったものの、自由に伸び伸び指す喜びを思い出し、アマチュア戦に出場します。
サラリーマン生活を送る傍ら、NEC将棋部に所属します。
アマチュアのタイトルを取り、プロ棋戦への出場資格を得て、プロ棋士相手に勝率7割ととんでもない成績を上げます。
最強アマチュアのプロ編入試験が決まり、見事にそのチャンスを掴み、プロになりました。35歳でした。
瀬川さんのおすすめ名言はこちら・・・

「努力は裏切らない」という言葉があるけれど、これは真実だ。ただし「長い目で見ると」という一言が言葉の裏に潜んでいることを知っておかねばならない。

 

瀬川さんだから言える言葉だと思います。
プロ棋士になるまで、長い道のりでした。
すぐに結果を求めてしまいますが、継続することが大切であると気付かされる言葉です。

ちなみに、瀬川さんは安室奈美恵さんの大ファンです。
中学時代、将棋部に入部を希望しましたが、強すぎることを理由に断られ、仕方なく囲碁部で3年間過ごしました。
「泣き虫しょったんの奇跡」という自伝小説は、松田龍平さん主演で映画化もされています。

 

丸田祐三

最後は、僕の一番好きな名言です。
丸田さんは、1919年(大正8年)生まれなので、存じ上げません。
名人を1期獲得し、将棋連盟会長にもなられているようです。

丸田さんのおすすめ名言はこちら・・・

物事を決める時は、決めた人が得をしないこと、むしろ損になる事を心がける事が大切だ。

 

公平を保つには自分を消すべきである、と解釈します。
丸田さんは、長い期間、将棋連盟の運営に携わり、棋士たちは厚い信頼を寄せていたようです。
人をまとめていくには、このような意識を持つ必要があるのでしょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

将棋界を分かり易く表現をしようと心掛けたため、実際と若干違った部分があるかも知れません。
今回は、棋士の名言に、ご注目頂きたいと思います。

 

ちなみに、写真の盤と駒などは、僕が所有しているものです。
総額で、原チャリが買えるくらいです。

f:id:copinoheya:20190814212756j:plain

機会があれば、駒の自慢ブログを書いてみます。

 

本日は、お読み頂き、ありがとうございました。