コピの部屋

自分なりの解釈で想ひを語っています。少しの好き嫌いと空想癖があります。

【ご挨拶】映画の座談会をする3人

f:id:copinoheya:20190727104556j:plain

映画について、座談会を繰り広げる3人を今一度、ご紹介いたします。
メンバーは、ドラマ座談会と一緒です。
連ドラの場合、第1話を見てダメなら止めればいいのですが、映画は途中止め出来ません。
駄作を見て、損した気分になることが多々あったので、映画は避けておりました。
読者様の希望を賜り、映画に着手致します。
当ブログを見て頂いている方は、大切にしたいと思っていますので・・・。
少し前に上映された映画で、邦画が多くなると思います。
英語が分からないし、演技云々言えないからです。
わざわざ活字にするくらいなので、恐らく映画の不満にはなると思います。
「○○賞受賞作」と期待させて、面白くない映画は当ブログの格好の餌食となりますので、ご注意ください。
よろしくお願いします。

 

f:id:copinoheya:20190602181904p:plain

まず、『コピの部屋』代表のコピ。
いつもは、かみつきカテゴリーなどで噛みついている彼ですが、他のメンバーに押され気味。
映画座談会でも、やっぱり進行に回ることが、多そうです。
好きな映画は「ニキータ」「ベティ・ブルー」
ちょっと激しめの女性が好きな様子。
また、心理描写を効かせた グランドホテル方式 が好物。
邦画なら「12人の優しい日本人」「キサラギ」など。
  ※完全なグランドホテル方式ではありません
フランス映画は好きなものの、その影響を受けているであろう温い邦画が嫌い。
そんなコピから、言葉をもらいます。

 

他の2人は好き勝手に、発言すると思います。
何とか、まとまるように、努力します。
でも映画って、好みが分かれますよね。
心に残る名作をお送りしたいのですが、そうもいかないでしょうね。
不満ポイントは、キチンと明確にお伝えしたいと思います。
よろしくお願いします。

 

f:id:copinoheya:20190621230117p:plain

毒春(どくばる)さん。
好きな映画は「恋しくて」「恋人たちの予感」
毒舌の割に、恋愛映画を好む。
中でも、友達関係からの発展に、ときめくらしい。
同じ恋愛ものでも、図書室でやっちゃって彼氏が末期がん、みたいな映画は苦手。
実は、毒春さん。『コピの部屋』乗っ取りを企んでいる。
そんな毒春さんからのおことば。

 

主人公の気持ちと台詞がリンクしていなければ、その映画は切り捨てよ。
私は、恋愛映画が大好きなの。
命の安売りで、感動させようなんて、馬鹿言わないで。
「ゴースト」を見るくらいなら「3人のゴースト」を見るわ。
よろしくね。

 

f:id:copinoheya:20190621230312p:plain

最後は、けん坊。
3歳児。
好きな映画は「クレイマー、クレイマー」「ポセイドン・アドベンチャー」とかなり渋い。
古い映画作品の知識も豊富。
第2の水野晴郎を狙っているという噂もある。
毒春さんの子どもではないが、同じように口が悪い。
子どもの目線で解説するのかと思いきや、年配の人のお話を聞いているような錯覚に。
3歳というのは、忘れた方が良いかも知れない。
けん坊から、ひと言もらいましょう。

 

映画で大事なのは、脚本と監督でしゅ。
原作がどんなに面白くても、映画は別でしゅ。
意外と気軽に見れる、パ〇リ映画は好きでしゅ。
例えば、でしゅか?
「BEST GUY」「ホワイトアウト」「県庁の星」でしゅ。
そういえば「踊る大捜
よろしくでしゅ。

 

f:id:copinoheya:20190621224854j:plain

以上、この3人でお送り致します。
失言などのクレームは、直接、毒春さん・けん坊にお願いします。
『コピの部屋』では、彼らの連絡先を把握しておりません。

 

ただ、笑って許せる大きな心は、現代社会で必要だと思います。