コピの部屋

自分なりの解釈で想ひを語っています。少しの好き嫌いと空想癖があります。

ドラマや映画は、美術館の閉館時間まで楽しむ

f:id:copinoheya:20190605233819j:plain

突然ですが、僕は、天邪鬼(あまのじゃく)です。

分かっています。認めます。

 

流行りものには、乗っかりません。

否。

流行りものを察知できるアンテナを持ち合わせていません。

だから、人より大分遅れたものにハマります。

それを周りに伝えても、相手は「ふ~ん」となります。

それは、そうです。昔の流行りを今更熱く語られても・・・。

 

昔、ヒットしたサスペンスドラマがありました。

レンタル屋さんで、貸出中!続出の作品でした。

殺人事件があって、登場人物みんな怪し~~という話で。

ミーハーじゃない僕は「こういう作品は、続けて見ないと意味がない」と、ブームが去るのを待ちました。

借りやすくなり始め、今だ!と思った瞬間、彼女が「あ~犯人が●●のドラマね」と言いやがりました。

喧嘩して、それが原因か?はもう忘れましたが、お別れしました。

今、彼女は元気でしょうか?

 

東北道を走っているつもりが、関越道を走っているくらい、話しがそれてしまいました。戻します。

僕は、流行りに乗らない天邪鬼で、温度差があろうが昔の作品のことを話したい!

そして、その作品を見たならば、覚えていて欲しい!のです。

 

※コ=コピ(僕) 会=会社の人

コ「このドラマ、以前に見ました?」

会「見ましたよ」

コ「●●のシーン感動しませんでした?」

会「そんなシーンありましたっけ」

え~マジですか?最終回最後のシーンの次に、印象に残るはずの場面です。

結局、その人が覚えているのは、ざっくりとしたストーリーだけ。

でも、これってよくあるんです。映画でも小説でも。

見た とか 読んだ と言っても、覚えていないんです。

それ本当に見たと言えるの?と思います。口論になるのでいいませんが・・・。

  

ドラマや映画、そして小説などは「美術館のようなもの」と僕は思っています。

1つの作品」は、「1日美術館を回る」と同じであると。

 

「覚えていない」というのは、「美術館の中を歩いたけど、何の絵が飾ってあったか見ていない」ということです。

そんなこと、ありますか?

「エンディングは覚えてる」は、「最後の絵は見た」ですよ。

美術館に行くことが目的じゃないでしょ、館内の美術品を観に行くんでしょ!と強く思います。

まぁ、こんな感じの僕の性格は「めんどくせー」と思われています。

 

美術館の中にある美術品は、全部覚えておきたい。

だから、開館から閉館まで、隈なく観て回ります。好きな絵などあれば、何回でも行きます。好きな美術品が多いほど、良い美術館と言えると思います。

 

だから、ドラマを見る(美術館を隈なく回る)と、凄く疲れます。

 

疲れました。

おやすみなさい。

www.copinoheya.com

www.copinoheya.com