コピの部屋

自分なりの解釈で想ひを語っています。少しの好き嫌いと空想癖があります。

【ドラマ】集団左遷!! 第1話 魅力のない支店長

f:id:copinoheya:20190603204509j:plain

やっと、現在放送中のドラマの第1話を見ることが出来ました。

私事でございますが、ある女優さんの前の作品を片っ端から拝見しているもので・・・。

 

今期のドラマで、唯一「見てみようかな?」が、この作品でした。

と言う割には、録画しただけで見れていませんでした。

期待に胸躍らせて、鑑賞たします。

いくぜよ!!

 

まず、あらすじはこんな感じです。

~ネタバレ注意です~

 大手メガバンクに勤める片岡洋(福山雅治)はある日、蒲田支店の支店長の昇任人事を受ける。

徹底した合理化を目指す常務取締役から「蒲田支店は廃店が決まっているから頑張らなくていい。無事廃店になればあなたの身は本部が保証する」と言われる。

頑張らなくて良いと言われた新蒲田支店長の片岡。

「頑張るなと言われたからって、頑張らないなんてできない!」と常務に反発する。

リストラ寸前の蒲田支店の行員たち。果たして生き残れるのか!?支店長の戦いが始まる。

ーーーーー 

 

最初に言わせてください。

演出の方が同じなので、「ぎぼむす」テイストが少し入っております。

www.copinoheya.com

 

感想ですが、タイトルにもあるように、主人公に全く魅力を感じません。

主人公は50歳くらいですが、当時、大手銀行に入行するのは大変な時代だったと思います。

だから、一般的な普通のサラリーマンでなく、一部上場企業にお勤めの勝ち組銀行員なのです。

そして社内では、廃店させようとする店舗の支店長を任されるポジション、言わば切り捨て御免の社員なのです。

でかい会社に勤めている、特に有能でもない主人公の頑張る姿を見せるドラマです。

 

この主人公の顔芸が鼻につきます。

この主人公はとにかく走ります。

この主人公はよく地面に膝をつきます。

メガバンクに勤めている、50歳です。ん~~。

そんな主人公が、「部下が頑張っているから」というだけの理由で常務に歯向かいます。

会社という組織の中で、自分の役割とか会社の方向性を考えず、感情だけで突っ走ります。50歳ですが。

あり得ませんね。

 

三上博史さん、カッコいいですね。常務役です。

今回は妖精ではな  それはいいとして。

 

一支店長が常務取締役に盾突くなんてことは、あり得ません。

本人が優秀で、後ろ盾があれば別ですが・・・。

支店長の上に本社部門の営業部長、その上に営業本部長。その上に統括の取締役。

優秀な人間でも、取締役止まりです。その中の更に秀でた人間が、常務取締役です。

大企業の常務ともなると、勤務する部屋も違いますし、車の送り迎えもあり、使用するトイレまでも違います。

雲の上の存在です。

棚ボタ支店長が何を言ってるの?と思います。

 

そして、この主人公はリーダーとしての資質を欠いています。

 

この主人公には、感情移入が出来ません。

副店長の言っている事の方が正しく思えます。

 

このドラマは脇役が良いですし、話の流れは少し気になるので、時間があれば第2話以降も見たいと思います。

 

それよりも、間の日本生命のCMが気になりました。

綾瀬はるかさんが「ダジャレ?」と言われるやつ。

ちょっと意味が分からなくて・・・。

綾瀬さんの顔も、くもっているし。

もっとキラキラとした、綾瀬さんが見れるようCM作ってくださいね。

 

「潤いたい、だろ」

数年前、綾瀬さんが福山雅治さんのモノマネをした一言で終わります。