コピの部屋

自分なりの解釈で想ひを語っています。少しの好き嫌いと空想癖があります。

【恋愛】彼氏が彼女と同棲するメリットとデメリット

f:id:copinoheya:20190521183529p:plain

お付き合いした時は、同棲することを強くお勧めします。

男性向けの記事にはなりますが、女性は少し変換してお読みください。

ご自分が(相手が)同棲に向いているか?も分かると思います。

 

~ この記事の目次です ~

 

 

 

メリット

 

女性(異性)の本質を知ることができる

   

僕が感じる一番のメリットは、これです!

「ずっと一緒にいられるから」と乙女チックな事を今言うつもりはありません。

後で言います。

お気づきになられた方はいらっしゃいますか?

彼女を知りたい、ではなく、女性を知りたいとなっています。

つまり、自分の経験値のため。次に出会うであろう女性のため、ということです。

(彼女には内緒)

 

異性に対するイメージってあると思います。女性は現実的なのに対し、男性は理想を追ったりしますよね。

『女性は綺麗でかわいい生き物である』

異論はありません。が、それは表面上のことではないですか?

化粧をして綺麗とか、笑顔がかわいいとか。

僕が言いたいのは、もっと人間という生物として、みたいなことです。

男にとって女性は、ミステリアスな存在です。

女性の兄弟がいらっしゃる方は別です。

一人っ子の僕は、サッパリ分かりません。(分かりませんでした)

「こんな思考なんだ」「こういう努力をしてるんだ」「ここに気を使うんだ」驚きの連続でした。

丁寧に生活しているこの生物(女性のこと)を愛おしく思いますね。

そう思えるのは、近くで生活する賜物です。

嫌な部分も見えてしまいますが、それも本質を知る為に大切なこと、と良い風に考えましょ。

 

時間の短縮になる

 

別々に暮らすより、同棲の方が2人の時間が濃密な分、早く終えられます。

まぁ~酷い話ではあります。

「1年付き合った」と言っても会うのが週一であれば、(感覚ですが)同棲期間2ヵ月と同じくらいだと思います。

「10年ズルズル付き合ったが別れる」みたいな話を聞いたことがあります。良い部分だけ見せる付き合いは、長続きする思います。同時に時間の無駄とも思います。

29歳で付き合い始めて、39歳で別れるって大惨事(大事故)じゃないですか?人生設計をどうしましょ~となります。

同棲の場合、時間が凝縮されている分だけ、別れが早く来ます。(別れが来るならば)

たくさんの異性と、特に、深く付き合いたい場合にオススメです。

 

良い影響を受けやすい

 

一緒にいる時間が長ければ、相手のしているものに興味が湧くことがあります。

別々に住んでいると知り得ない部分を見るからです。

服に無頓着な彼に、オシャレな彼女がいるとします。

デートの時に彼女に服を選んでもらう、これはありがちなこと。彼は特に何も思わないでしょう。

一緒に住むとどうか。なぜ彼女がオシャレなのか?が分かります。ファッション雑誌をよく読んでいます。センスの良い音楽を聴きながら料理をします。自分でアクセサリーや雑貨を作ったりします。

 

一緒に住まなくても行動は分かると思いますが、掛けている時間は分かりません。

目の前で、何かに打ち込んでいる人を見ると、「自分もやってみたい」と思いませんか?

服に無頓着だったのに、ファッション誌を見てみたり・・・。

読書しているから、自分も読んでみる。筋トレしてるから、自分もしてみる。

意外と影響を受けます。生活が豊かになりますよ。

ただし、ギャンブル狂いの恋人の影響は、受けないようにしましょう。

 

料理についての新たな発見がある

 

一緒に住まなくても、彼女の手料理をご馳走になることはあります。

でも、同棲すると食事の頻度が増えます。(女性が料理すべきという話ではありません)

彼女の得意な料理だけでは、回りません。だから、色々作ってもらえます。

 

お店以外では、親の料理しか食べたことの無い場合に、新たな発見があるはずです。

彼女の作った料理が、「家のものと違う!」です。

特に、カレーライス・ロールキャベツ・肉じゃが・オムライスあたりが、違ったりします。

こんなに美味しい料理だったんだ!と感動することもあれば、逆もありますけど。

カレーは、辛さ・具の大きさ・隠し味など。(水を使わず牛乳、というのもあった)

ロールキャベツは色味(スープ)、肉じゃがは汁の量とか、各家庭独自です。

男女の出身地が離れているほど、驚きがあるでしょうね。

塩分控えめ地域の料理を食べて、「味が無い」と喧嘩になったことはあります。

 

独りぼっちじゃない

 

慣れればそうでもないのでしょうが、真っ暗な部屋に帰るのってどうですか?

僕は、嫌です。

同棲しても、先に帰る方が「真っ暗な部屋」ですが、「相方の為に明るくしとこ」というモチベーションがあります。

 

わざわざ文章を作ったり、電話するまでもない小さな日常も、一緒にいれば話すことが出来ます。

辛い時には「ギュッ」としたり、頑張った時には「頭ポンポン」したり、すぐに触れ合えるのは、かなりのメリットではないでしょうか。

 

節約出来る

 

拠点が一つになることで、金銭的にも楽になります。(一人暮らしだった場合)

外食が減らせます。お弁当を作ってもらえます。(料理ができる場合)

会社帰りに遊ぶ回数が減ります。(相手への罪悪感がある場合)

服を借りることが出来ます。(サイズが同じ場合)

限定的ではありますが、そんなメリットもあります。

 

自分という人間を知ってもらえる

 

相手を知るのと同時に自分のことを知ってもらえます。

「こんな自分を受け入れてもらえるだろうか?」そんなこと言ってる暇はありません。

否が応でも、ありのままを見せなくてはなりません。

一緒に住めば、「僕はこんな考え方です」とあえて言わなくても、伝わります。

内面的な良い部分を見つけてくれたりします。足りないところは補ってくれたりも。

本当の意味での、パートナーとして信頼関係が築けるでしょう。

まぁ二人の関係が続くかどうか、毎日審査されいてる、と考えられもしますが・・・。

一度、異性に自分をさらけ出す事が出来れば、今後の交際にも役に立ちます。

 

 

デメリット(問題点)

 

メリットがあるからには、デメリットというか問題点があります。

トータル的に考えて、どちらが大きいか?でしょう。

 

相手方の親御さんに承諾してもらえるか?

 

まず、同棲をスタート出来るか?最大のポイントです。

当人同士で盛り上がっても、親の反対があれば頓挫します。

 

当人が男性の場合、相手は女性となります。

彼女の親(特に父親)に、承諾を得るのは、かなり骨の折れる作業です。

現時点では、同棲をしたいだけです。結婚は考えていません。

下手に実家にご挨拶に行こうものなら、結婚前の同居と捉えられてしまします。

内緒にするのも、お互いの生活拠点が重なるわけですから、かなり難しいです。

ここは、彼女とその家族の関係が鍵を握ります。

 

何でも家族に相談する人もいますし、あまり連絡を取らない人もいます。彼氏より家族を大切にする、親と喧嘩している、親は娘を干渉しない等など。お相手で随分変わります。

この、“同棲へ向けての行動”は、メリットでもあると言えます。彼女の内面が見えてくるからです。

「親が反対する」「親を裏切れない」「親に会って」と言ってくる彼女は、同棲には向いていない女性だと思います。ここは無理をせず、諦めたほうが良いかも知れません。

彼女が、本気で同棲したいのであれば、自分(彼氏)が出ていかなくても親を説得します。

 

僕は同棲するにあたり、女性の親に会った事がありません。(バレたことはあります)

親が自分の娘を信頼している、とも言えます。

 

逆に、自分(彼氏側)の親を説得できなかった場合は、最悪の事態になります。

女性が、自分と将来的な結婚を考えていた場合、「この男はマザコンか?」疑惑が持ち上がります。“親の言いなり”というイメージは男にとって、プラスに作用しません。

 

さらに、家族と同居している彼女との同棲は、かなりハードルが高いです。

荷物と彼女を家から運び出す訳ですから・・・。

 

内緒か、相手に任せるか、正攻法か、最初の悩みどころと言えます。

悪魔の囁きを一つ。「キスをするのに、親の承諾を得るのですか?」

 

住む部屋をどうするか?

 

二人暮らし用の新居を探しますか?

僕は、お勧めしません。リスクが高いからです。

 

現実的なところからいくと、お部屋を借りるとして、賃貸借契約が必要です。

結婚する前の男女であれば、連名の契約になるケースが多いです。

契約に対する連帯保証人とか、緊急連絡先とか、必要になります。

どうしても、親に頼る場面が出てきます。

正式な契約があるなら、正式な行動も必要です。

 

同棲するには、絶対部屋が必要!という人もいると思います。

これは、お互いに実家暮らしとか、寮に住んでいるなどでしょう。

付き合い始めて、ラブラブですが、必ず考えなくてはならない事があります。

それは 別れること です。

 

同棲をする上で、「別れること」を考えることが、最も大事なことです。

楽しい同棲生活とは真逆ですが、それが現実です。

恋人と別れるって、精神的にきませんか?

そんな時に、物理的な問題もやってきます。(別の彼女を作って住むという方法もありますが)

2人の関係が破たんした状態で、やることが色々あります。

まず、部屋の解約。退去日決めますが、同じ日に仲良く引越しとはなりませんよね。日程調整など必要です。預けた敷金をどうするか?もあります。

あと、家財をどうするかです。大きいベッドをどうする?テレビはどっちのもの?冷蔵庫を処分するか?別れた男女が細々したことを話し合わなくてはなりません。

別れは予見出来ませんから、仕事が忙しい時に重なりでもしたら最悪です。

 

僕は、同棲する新居を探して別れたカップルを知っています。

それぞれに部屋へのこだわりがあり、一歩も譲らず別れた、というもの。

生活の拠点を決めるって、意外と大変です。

 

もう一つ、言わせてください。

一人暮らしの経験を積んでから、同棲してください。男女ともに一人暮らしをしているのが理想ですが、少なくてもどちらか一方は。

親元を離れて、生活するのって、結構大変。何でも自分で決めなければなりませんから。

 

2人住む部屋は、どちらかの部屋にしてください。これが理想です!

世帯主が決まっていて、家具の所有者も明確です。別れた場合にも、自分の部屋でない方が出ていけば済みます。

少なくとも、同棲のスタートは、そうすることをお勧めします。

余談ですが、犬・猫などのペットを飼うと別れた時に大変ですよ。

 

金銭感覚が合わないと厳しい

 

前の項目にも、少し繋がります。

生活していくには、お金が必要です。当たり前です。

2人で生活するには、2人で使っているものの、お金が発生します。

大きなところでは、「家賃」「食費」「水道光熱費」でしょうか?

 

キッチリ折半しますか?それは誰が計算・算出しますか?

毎月ある支払いのために、今までの生活には無かった計算作業と集金作業が発生します。

相手がお金にだらしがなく、支払いが遅れることも考えられます。

僕の主観ですが、男女の主導権を持つ方がお金にだらしがなく、従う方が計算・集金をします。集金係が支払い遅れを指摘しにくい環境です。

うっぷんが溜まって、爆発し、お別れ。よくあるパターンです。

 

やはりおすすめは、どちらかの部屋に住む、です。

また、2人の経費を折半しないことをお勧めします。

「僕が家賃を払うから、君は食費と光熱費ね」が良いでしょう。ざっくり半分で。

「自分の方が支払い額多い」と不満を言う人はそもそも同棲に向きませんね。

 

一人の時間が削られる

 

デートはラブラブで楽しい!という人が24時間ラブラブしていたいか?問題です。

特に多趣味の人は、趣味の時間を恋人に取られるのってどうですか?

同棲は、その可能性を含みます。

外の趣味、釣りとかゴルフとかは外出してしまえば良いですが、読書・ゲームならどうですか?

一緒の趣味なら問題無いですが、相手の否定的な趣味を持っていた場合は、地獄です。

逆に、相手に合わせて、付き合わなくてはならない時間もあるでしょう。

同棲前のリサーチは必須です。

 

嫌な面を見られてしまう(見てしまう)

 

自分を知ってもらえる、相手を深く知れるの副作用です。

良い面ばかり見せることが、現実的に難しいです。

自分をさらけ出さないと、ストレスが溜まっていきますから。

恋人とはいえ、血のつながった家族だから見せれるような姿を、披露しなければなりまません。

(これは 慣れ ですが)

 

3ヶ月も一緒にいれば、大抵見られる(見る)ので、平気であれば長く付き合えるでしょうね。

ちなみに僕は、女性の「耐えられないほどの嫌な面」を見たことがありません。

 

別れるタイミングが難しい

 

一緒に住むと情も生まれますし、新しい生活への切り替えも億劫です。

“現状維持”と判断することが増えます。

悪く言えば、「腐れ縁」になりやすいです。

ハッキリものを言えない男女は、望んでいなくても何となく、結婚へ向かってしまうかも知れません。

 

ず~~~っと顔を合わせる

 

勤め先が同じで、同棲するカップルもいると思います。

僕も経験があります。ただ、極端でした。

朝同じくらいに起床→一緒に電車通勤→一緒に昼食→一緒に帰宅→一緒に家で過ごす。

これが、毎日のように続きます。

相手を、自分の分身のように思えてきて、恋愛対象の感じが薄れてきます。

よほど相性が良くなければ難しいです。

 

まとめ

 

お相手もあることですし、良くお考え頂ければ、と思います。

結婚するまでのお楽しみ、という考え方はあっても良いでしょう。

お二人で素敵な時間を過ごせますよう、お祈りいたします。